鬼滅の刃

鬼滅の刃149ネタバレ最新 炭治郎に当てられた手紙があった!

更新日:

鬼滅の刃 アイキャッチ149.jpg

鬼滅の刃149話のネタバレ、感想をご紹介します。

今回は、炭治郎VS猗窩座(あかざ)のバトルが中心となります。
そして、過去に猗窩座にも、師匠のような人がいたことが明らかになりました。

前回148話こちら

スポンサーリンク
 

鬼滅の刃を1巻分無料で読む方法

鬼滅の刃149 ネタバレ【最新】
『猗窩座の嫌悪感の正体』

猗窩座(あかざ)は、戦いの中で炭治郎を生理的に受け付けないのを悟ります。

嫌悪感を抱き、吐き気さえ覚えるのでした。
始めは単に弱いから、不快感を抱いていたと思ってます。

しかしながら、炭治郎の真っ直ぐな目や言葉が体の内側を、削り取っていくような感覚になります。

猗窩座はふと、ある人物に肩をつかまれました。
その人物は、炭治郎と同じ言葉を投げかけています。

“何をするにも初めは皆赤ん坊で、周りから手助けを受けて覚えていく
他人と比べるのではなく、己と戦うことが大切である。
それを十年、二十年と積み重ね、今度は自分が人を助けてやる番だと。”

その手を猗窩座は、振り払おうとします。

けれどもそれは幻覚でした。
それを見ていた炭治郎は頭に?を浮かべます。
突如何もないところで、振り払うような行動をしたからでした。

鬼滅の刃149 ネタバレ【最新】
『猗窩座の攻撃の精度が増す』

猗窩座はこちらを振り返ると、目をみひらき不愉快だといい放ちます。
そして再び、思い切り踏み込み攻撃をしてきました。

床に大きな穴をあけるほどの威力の技を繰り出します。

なんとか避けた炭治郎ですが、あることに気が付きました。

更に素早さが上がったと感じさせる、正確な攻撃に圧倒されます。
数メートル先にいたはずの猗窩座が、一瞬にして目の前に現れました。

下からの足技を受け、咳き込みながらも、なんとか攻撃を受け流します。

動きを予測して交わしますが、あまりの威力に全くの無傷というわけにはいきません。
そして、機械のように炭治郎の隙を確実に攻めてきます。
それはまるで、磁石に手足が吸い寄せられているようでした。

この正確さの理由を考えます。

猗窩座と前に対峙した時の記憶を思い出します。
今までの言動の中に、何かヒントがあるはずと。

防戦一方の炭治郎も、「ヒノカミ神楽 飛輪陽炎(ひりんかげろう)」で応戦します。
この技で、確実に避けたはずの猗窩座の首元に、一撃を与えることができました。

避けたはずの刀身が伸びたように見えたのです。
その剣技に、猗窩座は戦いながら興味津々に仕組みを聞いてきます。

鬼滅の刃149 ネタバレ【最新】
『炭治郎に当てられた手紙』

一方、亡くなった杏寿郎(きょうじゅろう)の弟の煉獄 千寿郎(れんごく せんじゅろう)は、家で兄の仏壇に手を合わせてしました。

大きな戦いが始まったことを報告し、父親と炭治郎を守ってくれることを必死に祈ります。

千寿郎は、炭治郎に手紙を出していました。
炎柱(えんばしら)の書に記されていたことが、少しでも役に立てば良いと思ったのです。

内容は、書かれた当時の炎柱日の呼吸の剣士が話したことでした。

日の呼吸の剣士と鬼舞辻 無惨(きぶつじ むざん)が戦った時のことが書かれていました。
祖先の炎柱は、その話を聞いて自信をなくしてしまったといいます。
けれども炭治郎は、そんなことではくじけないと信じていました。

そのため、炎柱(えんばしら)の書の内容を伝えようとしたのでした。

炭治郎が未来を切り開いてくれることを、天国の兄に尋ねます。

しかしながら、炭治郎はその手紙は読めていませんでした。
届く前に、猗窩座と戦うことになったのです。
勝たなければ読むことはできませんでした。

鬼滅の刃149 ネタバレ【最新】
『義勇の怒り』

炭治郎は、「ヒノカミ神楽 円舞(えんぶ)...」を繰り出そうとします。
けれど、両手で刃を受け止められ、おまけに折られそうになりました。

刀を両手で必死に持っている炭治郎は、それを阻止するために頭突きをかまします。
まだ離さない猗窩座に今度は蹴りを入れますが、一向に力を緩めません。

その時、義勇の剣技がさくれつしました。

猗窩座の両手に攻撃することで、力が加えられないようにしました。
そして、見事に炭治郎の刀が折れることを防いだのです。

義勇は、遠くに飛ばされ背中を負傷し、怒りをあらわにしました。
珍しく頭にきた彼の表情は、いつもとあまり変化はありません。
傷が痛む中の戦いの行方はいかに...。

スポンサーリンク


 

鬼滅の刃149 ネタバレ【最新】
『感想』

桜ノ宮あき焦り.jpg

猗窩座の嫌悪感

吐き気さえも覚える嫌悪感とは、余程嫌なんでしょうね。

猗窩座に武術を教えた人物も出てきました。
詳細は分かりませんでしたが、おそらく師匠でしょうか。
しかしながら、そういう人物が出てくると、元は人だったんだなと実感が湧きます。

どんなに強い人でも、始めは素人ですからね。

千ちゃん(煉獄 千寿郎)が出てきました。
炭治郎に手紙を送っていたとは!
けれども読んでもらえていないのが、非常に残念です。

最後に、今週の登場はないかと思われた義勇さんが復活しました。
しかも珍しく怒っています。

義勇さんが怒るところはあんまり見ません。
ですから、来週怒り狂ってるかもしれないですね......。

次のお話はコチラ

 

スポンサーリンク


-鬼滅の刃

Copyright© 漫画情報館 , 2020 All Rights Reserved.