鬼滅の刃考察

鬼滅の刃義勇の過去は?実は大切な家族や仲間を亡くしていた

更新日:

鬼滅の刃の人気キャラ富岡義勇

彼の過去があまりにも、切なすぎました。

今回は、このことについてご紹介します。

鬼滅の刃を無料で1巻分読む方法

鬼滅の刃
義勇は過去に大切な家族や仲間を亡くしていた

義勇は過去に、家族であると、同期の弟子仲間を亡くしています。
実の姉は、彼を守りこの世を去りました。

義勇の姉についてはこちら

そして、共に鬼殺隊員になるために修行していた者がいます。
それはかつて、炭治郎の鍛錬に付き合った錆兎(さびと)でした。

鬼滅の刃義勇の過去
『義勇と錆兎は仲の良い友人だった』

 

義勇と錆兎は、同い年13歳でした。
ふたりは共に天涯孤独の身です。

よく似た境遇のふたりが、仲良くなるまでに時間はかかりませんでした。

義勇にとって、とても大切な友人になります。

鬼滅の刃義勇の過去
『錆兎の教え』

義勇は姉が自分を守り、亡くなったのを気にしていました。
自分が代わりになれば良かった、と感じてしまいます。

それを錆兎が怒りました。
平手打ちも食らいます。

“それは自分を守って亡くなった人への、侮辱(ぶじょく)になる。
命を繋いでもらった以上は、生きなければならない。”

彼はそういう考えていました。
託された未来繋げていく必要が、生き残った者にはあったのです。

義勇は、その言葉で目を覚まします

鬼滅の刃義勇の過去
『最終選別で一匹も鬼を倒せなかった義勇』

義勇は自分が柱に相応しくないと感じていました。
理由は、錆兎を亡くしたことにあります。

義勇は錆兎と共に、最終選別を受けます。
しかし、彼は一匹も鬼を倒せません
それどころか、鬼に襲われ負傷します。

一方で錆兎は、ひとりでほとんどの鬼を片付けました。

さらに彼は鬼の気配を感じると、義勇を残し森の奥へと走ります。

義勇が姿を見たのは、それが最後となりました。

目が覚めると選別は終了しています。
義勇は7日間を生き残り、鬼殺隊に入ることとなりました。

錆兎は手鬼にやられ、亡くなります。
大切な人を二度も失い、食事も喉を通りません。

鬼を一匹も倒さずに入隊した自分を、義勇は柱とは認めていなかったのです。

自分の代わりに、柱になってもらいたかった程でした。

鬼滅の刃義勇の過去
『忘れていた友の教え』

義勇は二度も大切な人物を失い、その記憶は辛い過去となりました。
思い出すことさえ辛く、心の奥底に封印してしまいます。

錆兎が気づかせてくれた大切な言葉も一緒に。

それを思い出させたのが、炭治郎(たんじろう)でした。
彼は辛い過去の話を聞きながらも、繋いでいかないで良いのかと尋ねます。

その言葉が、錆兎に叩かれた状況を思い出させました。

こうして義勇は、自分の成すべきことを見定めたのです。

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃義勇の過去とは?
考察

義勇さんも、辛い経験をしていました。

彼は、物静かであまり喋らないキャラクターです。
その原因は、こうした過去を経験したからではないかと考えます。

13歳の頃の義勇さんは、まだ目に光が宿っていました。

しかし錆兎まで亡くした彼の精神は、ズタズタになります。
そこから彼の目は光を失ったのではないでしょうか。

以来、錆兎のような心を許せるような友人を作らずに、ひとりで抱え込んできたと想像します。

もう二度とだれかを失いたくはない。
そうやって、人を遠ざけていたのではないでしょうか。

 

鬼滅の刃漫画を1巻分もらう方法を紹介!

義勇の過去については、15巻に収録されています。

できれば無料で読みたいですよね?

そこでおすすめなのが、「U-NEXT31日間無料トライアル」です。

これは、有料動画配信サービスの無料試しになります。

「はい、はい、有料サービスの無料お試しね。」

そう思われたことでしょう。

しかし正直なところ、使わないと損です。

なぜなら、鬼滅の刃が1巻分丸ごともらえるからです。

しかも、お金をかけずに。

仕組みとしては、もらえるポイントと交換して読む方法です。

そして、期間内に解約すればお金は一切かかりません。

実際に試してみましたが、事実でした。

さらに解約も3分ほどで完了します。

もうこれは使わない手はないですよね?

鬼滅の刃を無料で1巻分読む方法

鬼滅の刃義勇の過去とは?
まとめ

や大切な友人であった錆兎を亡くしている
・錆兎とは同い年
・義勇に託された未来を繋いでいくように伝える
・一匹を鬼も倒すことなく最終選別で合格した
・炭治郎の言葉で思い出し、未来へと繋いでいく決意をする

 

スポンサーリンク
 

-鬼滅の刃考察

Copyright© 漫画情報館 , 2020 All Rights Reserved.