鬼滅の刃考察

鬼滅の刃累の過去は号泣すること間違いなし!鬼になった理由も切なかった!

更新日:

鬼滅の刃下弦の伍の累(るい)の過去を解説します。

人間時代、彼はとても体が弱い少年でした。

彼の切なすぎる人生が気になる方は、ぜひご覧ください。

 

鬼滅の刃を無料で1巻分読む方法

鬼滅の刃累の過去
『病弱な少年だった』

累は生まれつき体が弱かったのでした。

ひとりでまともに歩くことも不可能です。

家の外へ出るだけでも、倒れてしまいました。

そのため、走ることもできません。

 

鬼滅の刃累の過去
『彼の体を強くした無惨』

いつものように、累は布団の中にいました。

そこへ、無惨が現れました。

彼は病弱な累をあわれに感じます。

そして自らの血を与えました。

累は鬼となり、体は丈夫になります。

 

鬼滅の刃累の過去
『両親は鬼になった息子を悲しんだ』

両親は鬼になった彼を喜びません。

健康な体の代償は、大きなものでした。

日光には当たることはできません

さらに人を手に掛け、食すようになります。

両親は、そのような息子の行動をとても悲しみました。

その後、息子の命を奪うと決めます。

そして、自らも自害するつもりでした。

 

鬼滅の刃累の過去
『累が本物の絆を求めた理由』

それは、自らの手に掛けた両親の代わりを探すためでした。

累は、親が子供を命がけで助ける話を聞きます。

その話に、とても感動したのでした。

そのため、自分を亡き者にしようとした両親に失望します。

本物の親子であるにもかかわらず、絆がないと判断しました。

しかし、母親が最後にある言葉を残します。

「丈夫な体に、生んであげられなくてごめんね……。」

父親も、共にあの世に逝ってやると口にしています。

その言葉を聞いた累は、自らの犯したあやまちに気が付きました

自分を愛してくれた両親を亡くし、本当に求めていた絆を自分の手で断ち切ります。

彼は後悔にさいなまれながら、鬼として生きて行くこととなりました。

 

累がどのような最期を迎えたのか。

気になる方は、5巻の43話をお読みください。

こちらから、無料で読むことも可能です!

スポンサーリンク
 

鬼滅の刃累の過去考察
『鬼になった時に累が求めた反応』

ここでは累が鬼になったときに、両親に求めたセリフについて考えます。

彼は純粋に、喜んでもらいたかったと予想しました。

「両親は喜んでくれなかった。」と語っています。

累は体が弱いことは、もちろん嫌だったでしょう。

一方で両親に対し、いつも迷惑をかけている気持ちがあったと考えます。

彼が鬼になったのは、自分両親のためだったと読み取りました。

いつも心配をかけている、ふたりの笑顔が見たかったのではないでしょうか。

 

鬼滅の刃漫画を1巻分もらう方法を紹介!

そこでおすすめなのが、そこでおすすめなのが、「U-NEXT31日間無料トライアル」です。

これは、有料動画配信サービスの無料試しになります。

「はい、はい、有料サービスの無料お試しね。」

そう思われたことでしょう。

しかし正直なところ、使わないと損です。

なぜなら、鬼滅の刃が1巻分丸ごともらえるからです。

さらにアニメも視聴できます

しかも、お金をかけずに。

仕組みとしては、もらえるポイントと交換して読む方法です。

そして、期間内に解約すればお金は一切かかりません。

実際に試してみましたが、事実でした。

さらに解約も3分ほどで完了します。

もうこれは使わない手はないですよね?

鬼滅の刃を無料で1巻分読む方法

鬼滅の刃累の過去『まとめ』

・累は生まれつき体が弱かった
・無惨が血を分け与え鬼にした
・両親は鬼になって欲しくなかった
・累は自ら犯したあやまちに気が付く
・両親の代わりに絆を結ぶ相手を探し求めた

 

スポンサーリンク

-鬼滅の刃考察

Copyright© 漫画情報館 , 2020 All Rights Reserved.