鬼滅の刃

鬼滅の刃ネタバレ168話不死川実弥の悲しい過去が明らかに

更新日:

鬼滅の刃168話のネタバレをご紹介します。

前回、実弥(さねみ)が稀血(まれち)の中でも、さらに貴重な血の持ち主だと分かりました。
今週のタイトルは百世不磨(ひゃくせいふま)です。
意味としては、いつまでも消滅しないこと
この言葉は、漫画の最後に出てきました。

それでは続きをご覧下さい。

前回167話こちら

スポンサーリンク

鬼滅の刃を1巻分無料で読む方法

鬼滅の刃ネタバレ168話
『実弥の過去』

自分の血が特別だと知ったのは、不死川実弥(しなずがわ さねみ)が鬼狩りを始めて直ぐです。

鬼にされた母親をあやめるときも、彼の血は効果がありました。

母親を自分で葬ったあとの世界は、色を失います。
その後は鬼を倒すため、夜の闇を駆け回りました。
日輪刀の存在を知らない実弥は、多くの刃物で武装します。

鬼を拘束し、日光で焼く。
これが彼の戦い方でした。

素人の実弥が無事だったのは、血のおかげであり、運が良かっただけです。

鬼滅の刃ネタバレ168話
『実弥の転機』

ある日、同じ鬼を負っていた鬼殺隊の粂野匡近(くめの まさちか)と出会います。
彼から組織の情報を聞きました。
そして、育手(そだて)を紹介してもらいます。

けれども実弥は、知っていました。
善良な人ほど、先に亡くなっていく理不尽さを。

実弥は鬼殺隊に入り、下弦の壱の鬼を匡近とふたりで倒します。
しかし、匡近は亡くなりました。
柱になれたのは、生き残った実弥だけです。

鬼滅の刃ネタバレ168話
『鬼も驚く実弥の体』

“風の呼吸陸ノ型黒風烟嵐(こくふうえんらん)”
上弦の壱の鬼は、深手を負ってもまだ決着がつかない彼を不思議に感じました。

止血もしないで、血が流れ出るのを防いでいます。
呼吸を操り、血を固めているのかと考えました。
また内蔵が飛び出ないのも、筋肉を引き絞り抑えていると予想します。

人間離れした体に、壱の鬼には感心を示しました。

血で酔いながらも、互角の戦いを見せます。
すると実弥の刀が、足で押さえつけられました。

床にめり込む程の力です。
そう簡単に抜けません。
壱の鬼の刀が、首元に差し掛かりました。

鬼滅の刃ネタバレ168話
『実弥の怒り』

実弥は苦しんでいる人々を前に、笑っている人物が許せません。
ただ指示を出し、自らでは行動しない輩(やから)が大嫌いでした。

初めて出会った産屋敷耀哉(うぶやしき かがや)にも、同じように感じます。

実弥は、無礼にも皮肉を並べました。

当時の同席していた、胡蝶(こちょう)カナエ悲鳴嶼行冥(ひめじま ぎょうめい)宇髄天元(うずい てんげん)は怒りをあらわにします。

耀哉は、柱たちをなだめました。
そして、好きに発言させるように話します。

耀哉の発言を、白々しい演技だと吐き捨てました。
隊員は使い捨てのコマだと思っているに違いないと付け加えます。

また武術の心得さえない者が、上に立つのも不満でした。

鬼滅の刃ネタバレ168話
『産屋敷耀哉の想い』

耀哉が、微笑み発言します。
「ごめんね」

 

実弥は、予想外の返答に驚きました。

耀哉は、自分も強い剣士になりたかったと話します。
しかし体の弱い彼には、10回の素振りもできません。

危険な目にあわせていることを謝りました。

実弥は、それ以上言葉が出てきません。
母親が我が子を慈しみ、大切にするような感覚になります。

耀哉は発言しました。

“隊員たちが捨てゴマなら、自らも同様である。
組織を動かすひとつのコマでしかない。”

彼の代わりには、黒髪が継ぐことになっていました。

そして、自らを偉い人物ではないと話します。

「柱たちが、敬ってくれているだけ。
嫌なら、同じような態度でなくても良い。
それよりも柱として、人々を守って欲しい。」

匡近を亡くして、間もないのを彼は知っていました。
実弥は隊員の名前を覚えていたことに驚きます。

カナエが補足しました。
亡くなった隊員の名前と生い立ちを耀哉は、全て記憶しています。

実弥でさえ、共に戦った隊員の名を全ては覚えていません。

鬼滅の刃ネタバレ168話
『匡近の遺書』

耀哉は、匡近の遺書を直接渡しました。
隊員たちの遺書は、皆が同じような内容だと言います。

匡近も同じでした。
彼は、実弥を先に亡くした弟に重ねていたようです。
大切な人たちの未来を夢見る内容でした。

その人たちが寿命を全うするときまで、幸せに暮らせますように
理不尽などに脅かされない、幸せな暮らしができますように。
もし、自分がその人たちの側にいられなくても、頑張って生き抜いて欲しい

実弥は、それを玄弥(げんや)に重ねました。

鬼滅の刃ネタバレ168話
『悲鳴嶼行冥の登場』

壱の鬼の刀を、玄弥の武器で受け止めます。
さらに、引き金を引きました。

けれども、壱の鬼には効かないようです。
弾が目の前で落ちました。

“月の呼吸 参ノ型 厭忌月(えんきづき)・つがり”

実弥は倒されたかに見えます。
すると煙の中に、人影が現れました。

それは悲鳴嶼行冥です。
無一郎とはぐれてから、ようやく合流できました。

鬼をこの世から葬り去るまで、我らは存在続ける
壱の鬼に宣誓布告をしました。

スポンサーリンク

鬼滅の刃ネタバレ 『今週の一押しキャラ』

日輪刀無しで戦っていた実弥

稀血であったため、鬼を酔わせます。
武装もできるだけ整えました。

実弥は、持てるだけの武器を所持し戦います。
弱ったところを鎖で縛り上げした。
そして鬼を朝日に当て、消滅させます。

彼は夜の間に鬼を探し、戦いを挑んでいました。
母親を鬼にした者達への復讐だったのでしょう。

鬼滅の刃ネタバレ 『感想』

お館様の心の広さ

お館様は実弥の暴言に対し、広い心で対応します。
彼の想いを受け止め、自分の力のなさを謝罪しました。

さらに、鬼との戦いで亡くなった隊員たちを、名前から生い立ちまで全て覚えています。

それができることのひとつだったのでしょうね。
凄いなどではなく、当然だと思っているに違いないです。

お館様は、ただ上に立つ人ではないですから。

本当に隊員想いの優しい方です。
柱たちに慕われる理由が、またひとつ分かりましたね。

鬼滅の刃168話のネタバレは以上になります。
お読みいただき、ありがとうございました。

次のお話はコチラ

スポンサーリンク

-鬼滅の刃

Copyright© 漫画情報館 , 2020 All Rights Reserved.