鬼滅の刃

鬼滅の刃ネタバレ167不死川実弥は超絶珍しい稀血だった!

更新日:

鬼滅の刃167話のネタバレをご紹介します。

前回に引き続き、実弥VS壱の鬼の戦いが続きました。

さらに実弥が稀血(まれち)の中でも大変珍しい血の持ち主であることが判明します!
それでは続きをご覧ください!

前回166話こちら

スポンサーリンク

鬼滅の刃を1巻分無料で読む方法

鬼滅の刃ネタバレ167
『呼吸法を使う鬼』

上弦の壱(じょうげんのいち)の鬼は、振りかぶることなく技を使います。

“月の呼吸 伍の型 月魄災渦(げっぱくさいか)”
不死川実弥(しなずがわ さねみ)は、攻撃を避けました。
しかし周囲の柱は切断され、倒れます。

今度は実弥が攻め込みました。
“風の呼吸 参ノ型 晴嵐風樹(せいらんふうじゅ)”

壱の鬼は、彼の技を見事だと感じます。

一方で実弥は鬼の技に対し、鳥肌が止まりません

壱の鬼は一振の攻撃で、大小様々な月の形をした刃が飛んできました。

“時透が圧倒されるのも分かる”
これを避けるには、長年の経験が必要だと実弥は語ります。
さらに凄まじい速さが合わさっていました。

壱の鬼の強さの秘訣は、同じく呼吸を使っているからでもあります。

鬼滅の刃ネタバレ167
『弦弥の刀』

実弥は、いっそう倒しがいがあると、引きつった笑顔を見せました。

“風の呼吸 弐ノ型 爪々・科戸風(そうそう しなとかぜ)”

壱の鬼は、それを刀で受けます。
風の刃が、鬼の刀にくい込みます。
月の呼吸でなぎ払い、風の呼吸の弐ノ型を解除しました。

すかさず、実弥が振りかぶり鍔(つば)迫り合いになります。

すると彼は、足の指で落ちていた刀をつかみ攻撃しました。

その刀は、弟玄弥の物です。
近くに落ちていたようでした。

しかし咄嗟の攻撃にも、壱の鬼は反応します。

そこからは、剣技のぶつかり合いでした。

鬼滅の刃ネタバレ167
『壱の鬼の高鳴り』

壱の鬼は、久々の強者の登場に心躍ります。

無一郎が実弥の名を叫びました。

玄弥も、心の中で兄に呼びかけます。

ふたりは今、ギリギリの状況で戦っていました。
刀を振る方向を間違えただけで、命がなくなります。

壱の鬼は、人間だった頃を思い出しました。
戦国時代にも風柱と一緒に、技を高め合ったのです。

“月の呼吸 陸(ろく)の型 常夜孤月・無間(とこよこげつ むけん)”

部屋中の柱がバラバラになりました。

鬼滅の刃ネタバレ167
『上弦の鬼の弱点』

玄弥は、兄と壱の鬼の戦いの経過が確認できません。
彼の位置からでは、柱が邪魔をします。

実弥は、胸部に大きな傷を負っていました。

壱の鬼は、今動けば臓器が飛び出ると話します。

けれども何か違和感がありました。
自身の鼓動が早くなったのです。

実弥が笑いだしました。

鬼は稀血で酔うのです。
それは、上弦の鬼にも同じでした。

壱の鬼の足元がふらつきます。

実弥は、稀血の中でもさらに珍しい血の持ち主でした。

スポンサーリンク

鬼滅の刃ネタバレ167
『今週の一押しキャラ』

稀血の中でもさらに珍しい実弥の血

鬼滅の刃の世界で、血液型の概念はありません。
しかしAB型が現在ならば、少ない稀血でしょうか。

血液型は、それぞれ+-でさらに細分化されます。

ABのRh-の方は非常に少なく、血液の登録が必要だとか。
そのため、実弥はAB型のRh-に置き換えればわかりやすいのではないでしょうか。

日本赤十字社大阪府赤十字血液センターによると、AB型のRhマイナスの方は2000人に1人だそうです。

日本人の場合、Rh-の方自体少ないそうです。

鬼滅の刃ネタバレ167
『感想』

実弥の強さ

壱の鬼に歯が立たなかった無一郎のわけが明らかになりました。

勘だけで、攻撃を避けなければいけないようです。

時透くんは、まだ10代ですからね。
勘が鍛えられるほど、長く戦ってきたとは言えません。

一方で、実弥もまだ若く見えます。
20代前半くらいでしょうか?
しかし、数年でも彼の方が、戦ってきた経験は多くあります。

風柱と言うこともあり、速度も鬼と同等です。

さらに今週は、ふたつ新たに分かったことがありました。

・実弥は稀血の中でもさらに珍しい血の持ち主
・上弦の鬼も、稀血には酔ってしまう弱点がある

これは勝機が、見えて来たのではないでしょうか。

ふら付きながらでは、さすがの壱の鬼でも、斬撃を当てるのは難しくなるはずです。

けれども相手は上弦最強の鬼ですからね。
油断大敵です。

それでは、来週またお会いしましょう!

次のお話はコチラ

スポンサーリンク

-鬼滅の刃

Copyright© 漫画情報館 , 2020 All Rights Reserved.