鬼滅の刃

鬼滅の刃ネタバレ161話しのぶの毒がついに効果を発揮!

更新日:

鬼滅の刃161話のネタバレをご紹介します。

今週は伊之助、カナヲVS童磨戦白熱しました。
またタイトルにあるように、しのぶの毒も効力を持ちます
童磨は一体どうなるのか。

それでは続きをどうぞ!

前回160話こちら

スポンサーリンク
 

鬼滅の刃を1巻分無料で読む方法

鬼滅の刃ネタバレ161
『地獄は作り出すもの』

童磨は、イノシシに育てられたにも関わらず、良く言葉を知っていると伊之助に話します。
さらに、地獄について間違って覚えてしまっていると、余裕の笑みを浮かべました。

この世界には天国も地獄もないと語ります。
人間が作り出した空想に過ぎないと。

世界には、理不尽が横行していました。

真面目に生きている人も、事故に遭って亡くなることもあります。
反対に悪人が、なんの苦労もせずに美味しいところをかっさらい生きていました。
そんなやからに、人々は罰を望みます。

そこで作り出されたのが、天国と地獄だと言うのでした。
心の弱い人々は、そう思わなければ生きていけない。

童磨は、それを気の毒だと話しました。

伊之助は、敵の話に怒り狂います。
そして、地獄がないなら作ってでも、陥れると発しました。

また、自分の母親を不幸と決めつけたことにも腹を立てています。

鬼滅の刃ネタバレ161
『童磨には時間がない』

伊之助は、攻撃を仕掛けました。

童磨が冷気を発生させます。
刀を振り回し、扇風機の要領で冷気から身を守りました。
童磨は飽きるまで、戦っていたいと話します。

その隙に、カナヲが後ろから攻撃の準備をしました。
けれども、先に相手の扇子が届きそうになります。

なんとか刀で受けたものの、大きく飛ばされました。

カナヲは、水の中へ大きな音を立てながら落ちます。
伊之助が向かおうとすると、童磨は高く飛び上がりました。

猗窩座がやられ、時間がないと話すのです。

鬼滅の刃ネタバレ161
『氷の人形』

空中を舞いながら、自身をかたどった氷の人形を作り出しました。
小さな人形が床に着地します。

童磨のひざ丈ほどの大きさがありました。

伊之助が、怒りながらばかにします。
次の瞬間、童磨と同じ技が繰り出しました。
さらに威力も本物と大差ありません。

ふたりは、なんとか攻撃を受け流します。
降りてきた童磨は、小さな分身に戦いを任せ去ろうとしました。

伊之助は、逃げようとする相手を罵倒します。

カナヲは、氷の人形が向かって来ていることを知らせました。

伊之助は宙返りをし、至近距離の攻撃を難なく交わします。
童磨は、自分の血鬼術(けっきじゅつ)を伊之助も吸わないことに疑問を持ちました。

鬼滅の刃ネタバレ161
『カナヲだけが気付いていたこと』

強力な攻撃が伊之助を襲います。
しかし、なんとか避けていました。

童磨は、皮膚の感覚が人並み外れて鋭いことに気がつきます。

今までに見たこともない剣の使い手を、覚えて置くことにしました。
情報の有益さを知っているようです。

氷の人形が、ふたりを追い詰めていきます。
本物どころではなくなりました。

カナヲは、なんとかこの場所に留まらせようとせようと考えます。
“あともう少しだけ”
カナヲには、何か作戦があるようです。

鬼滅の刃ネタバレ161
『増える人形』

童磨は、さらに人形を増やそうと考えました。

この城に入って来た鬼狩りを全員倒そうとします。
ゆっくりしている時間はないようです。

2つの扇子を重ね合わせ、手品の容量で増やしていきます。

ふたりは、防戦の一方です。
伊之助は、仇が逃げてしまうことを悔しく感じます。
頭に血がのぼり、動きが雑になりました。

その瞬間、両腕に傷を負います。
カナヲは、叫びました。

焦らず、あと少しだけ粘るように発します。

彼女の言葉に、童磨は疑問を持ちました。
けれども、気にすることなく、扉を開けようとします。

鬼滅の刃ネタバレ161
『しのぶの残したもの』

次の瞬間、彼の顔がドロドロに溶けていきました。
状況がつかめず、手で抑えます。

カナヲの、狙い通りでした。

頭がグラグラし、立ってはいられなくなります。
しのぶの毒が、周り始めたのでした。
毒は童磨の体をむしばんでいきます。

スポンサーリンク


 

鬼滅の刃ネタバレ161
『今週の一押しキャラ』

童磨に毒を食らわせたしのぶ

 

しのぶはもうこの世にはいません。
けれども、彼女の残した毒は童磨に効いていたのです。

上弦の弐の鬼にひざをつかせました。
回復も追いついてはいないようです。
顔全体が変色し、毒に侵されているのは、一目瞭然でした。

勝負が着くのは目前でしょうか。

鬼滅の刃ネタバレ161
『感想』

桜ノ宮あき祈り.jpg

しのぶの毒の有難み
先週から、伊之助の怒りは爆発しています。

それをさらに増幅させているのが童磨でした。
分かって、怒らせていると思うんですよね。
短気な伊之助の性格を見抜いています。

また、童磨が自身の分身を作れるのにも驚きました。

さらに追加で5体も、同じものが作成可能のようです。
「無敵か!」
思わず突っ込みたくなりました。

けれども本当に、しのぶちゃんの毒が効いてくれて良かったです。
感謝でいっぱいです。

次のお話はコチラ

スポンサーリンク


-鬼滅の刃
-

Copyright© 漫画情報館 , 2020 All Rights Reserved.