鬼滅の刃

鬼滅の刃ネタバレ156最新猗窩座との戦いついに決着!

更新日:

鬼滅の刃 アイキャッチ156.jpg

鬼滅の刃ネタバレ156「ありがとう」のネタバレ、感想をご紹介します。
テレビアニメ大好評と猗窩座との戦いクライマックス記念のセンターカラーでした。
恋雪(こゆき)ちゃんが、体の半分が猗窩座(あかざ)の狛治の頬をなでるようなイラストです。
彼女に向かい、狛治が切ない表情をしていました。
さてどういった結末を迎えたのでしょうか?
続きをご覧ください。

前回155話こちら

スポンサーリンク
 

鬼滅の刃を1巻分無料で読む方法

鬼滅の刃ネタバレ156【最新】
『起床した炭治郎』

猗窩座があの世に行ったところで、父親や慶蔵(けいぞう)恋雪と同じところにはいけません。
嫌な過去を思い出させた義勇たちを、けいべつしました。
すぐに壊れ、消えてしまう弱い人間と言う存在を。
義勇はボロボロになりながらも、猗窩座を見据えています。
そこでようやく気絶していた炭治郎が、目を覚ましました。
なおも傷が再生していく猗窩座に、驚きを隠せません。
さらには、強力な技を繰り出そうとしていました。
炭治郎はすぐさま、義勇のもとへ駆け寄ります。
まだ動くことのできる猗窩座に、何としてもふたりで勝とうと決意するのでした。
炭治郎も技を放とうとします。
けれども疲労によって握力がなくなっていたのでしょう。
刀は、手をすり抜けて飛んでいってしまいました。
炭治郎はとっさに、固くこぶしを作ります。
そして猗窩座の顔面に、それを叩きつけたのでした。

鬼滅の刃ネタバレ156【最新】
『本当に倒したい相手』

猗窩座の顔へと、キレイに一発撃ち込まれました。
その時炭治郎が、出会った時の慶蔵に見えたのです。
猗窩座は人間へのおもいを内心で語りました。
“弱い奴は嫌いだ。”
自分が弱いからという理由で、正々堂々と戦おうともしないのです。
彼らは、卑怯な手も使いました。
我慢がたりず、直ぐにやけくそになります。
そんな奴らに、猗窩座は鉄槌を下しました。
ゆえに、慶蔵の大切にしていた素流を汚してしまいます。
さらに父親の最後の言葉さえ、守れませんでした。
そうして、猗窩座は本当に倒したい相手に気が付いたのです。

鬼滅の刃ネタバレ156【最新】
『猗窩座の感謝』

一方炭治郎は、刀が飛んでいったことに焦ります。
一発殴りましたが、猗窩座を止めることはできません。
そして更なる大技を前に、義勇を助けようとしました。
けれども、彼はそんなことを望んではいないと叫びます。
それでも炭治郎は、勢いのままこちらに向かってきました。
そのまま義勇を抱きしめるように、攻撃の外に連れ出します。
猗窩座は攻撃をするわずかな間、微笑んでいました。
炭治郎が、それをはっきり見ます。
次の瞬間、猗窩座は自身を攻撃しました。
炭治郎は、自傷行為をふしぎに感じます。
そして同時に、感謝の気持ちも嗅ぎ分けたのでした。

鬼滅の刃ネタバレ156【最新】
『家族からの感謝』

猗窩座は、なおも再生する体を諦めさそうとします。
勝負は既についていたのでした。
炭治郎の真っ向からの攻撃に、敗北を認めたのです。
そして、地獄へ潔くいきたいと願いました。
炭治郎は、猗窩座が歩きどこかに行きたがってることを感じます。
立ち止まった猗窩座の目の前には、亡くなった父親がいました。
炭治郎らには見えていません。
それから、体の調子を尋ねます。
父は返事をすると、感謝の気持ちを伝えました。
反対に猗窩座は、謝ります。
遺言通りに、生きることが出来なかったことを。
今度は父に代わり、慶蔵が出てきました。
そしてどんなことになっても、結びつきはなくならないと告げます。
頭をなでられた猗窩座は、少しの涙を浮かべました。

鬼滅の刃ネタバレ156【最新】
『恋雪の夫』

そんな彼に、鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)が頭をわしづかみにします。
こうして猗窩座に問うのでした。
“強くなりたいのではかなったのか?”
我に返り、自分の目的を思い出します。
強くなって、今度こそ約束を守ることを決意しようとしました。
そんな中、猗窩座の顔を上げさせる人物があらわれます。
それは、大人の女性へと成長を遂げた恋雪でした。
彼女は感謝の言葉を述べます。
ならびに、もう強くなろうとしなくて良いと伝えました。

 

無惨が恐ろしい形相でにらみつけます。
涙を流す猗窩座は、半分狛治に戻っていました。
その結果狛治は、愛する恋雪を選び抱きしめます。
それから約束を何ひとつ守れなかった自分を、許してくれるように
訴えました。
恋雪は、自分たちを思い出してくれたことに安堵します。
そして許嫁であった狛治を、彼女は初めて夫として呼びました
再生を繰り返していた体が、動きを止めました。
他の鬼たちと同様に、消え始めたのです。
決着がついた瞬間でした。

スポンサーリンク


 

鬼滅の刃ネタバレ156【最新】
『今週の一押しシーン』

皆に謝る狛治
ずっと思っていたけれど、言えなかった狛治でした。
けれども、ついに伝えることが出来ます。
自分の罪を認めたからこそ、皆が目の前に現れたのだと予測できますね。
狛治が強くなり語ったのは、彼らを守りたかったからでした。
そんな彼らから、感謝されたのです。
よって、もうこれ以上強くなる理由もなくなります。
彼が報われて本当によかったと思いました。
どうか次の世では幸せになって欲しいものです。

鬼滅の刃ネタバレ156【最新】
『感想』

桜ノ宮あき号泣.jpg

狛治の報われ度
炭治郎と義勇は、勝利を見事手にしました。
猗窩座は、ようやく悔いなくあの世へと旅立つことが出来ましたね。
★を一つ減らしたのは、幸せになって欲しいという想いからです。
炭治郎が透き通る世界の能力を開花させたときのことを覚えていますか?
馬鹿正直に宣言したときのことです。
義勇さんは、何を言ってるんだと物凄く焦っていました。
けれどもそのことが結果として、猗窩座が消えることにも繋がったと考えます。
人間は弱くて、卑怯な生き物だと彼は思っていましたからね。
真っ直ぐな人の心は、どんな人の心も動かすのですね。
炭治郎と義勇さん本当にお疲れ様でした。
しかしながら、猗窩座は根が良い人物だったので、寂しい気持ちもあります。
こうなると、ますます無惨は許せない存在になりました。
どうか、倒して世界を救ってください!
以上、鬼滅の刃ネタバレ156「ありがとう」のネタバレ、感想を紹介しました。
今週号は、合併号なので続きは再来週ですね。
それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました!

次のお話はコチラ

スポンサーリンク


-鬼滅の刃
-

Copyright© 漫画情報館 , 2020 All Rights Reserved.