鬼滅の刃

鬼滅の刃ネタバレ最新173勝てるかも!悲鳴嶼と無一郎も透明な世界を見る!

更新日:


鬼滅の刃最新173のネタバレをご紹介します。

前回、柱たちがピンチに陥りました。
そこへ脱出した無一郎(むいちろう)が助けに入ります。
そして、玄弥(げんや)も壱の鬼の力を得ようとしました。

柱たちは一体どうなったのか。
そして玄弥の運命はいかに。

前回172話こちら

スポンサーリンク

鬼滅の刃を1巻分無料で読む方法

鬼滅の刃ネタバレ最新173
『悲鳴嶼透明な世界を見る』

悲鳴嶼(ひめじま)は、技を出そうとしました。
しかし、その隙がありません
壱の鬼が、次々と技を繰りだします。

“月の呼吸 拾陸(じゅうろく)ノ型 月紅・片割れ月(げっこう・かたわれづき)”

技は、初めて見るものばかりでした。
避けるだけで精一杯です。

悲鳴嶼は、何がおかしいと感じました。

自身の攻撃が読まれていると悟ります。
それも、技を繰り出す前に。

壱の鬼が、何を見ているのかを考えました。

五感を研ぎ澄まします。

鬼は、元々人間でした。
そのため鬼にできることは、人間にもできると確信します。

見えない目は、全ての核心を知るための目でした。
壱の鬼が見ているものを暴こうとします。

ドクンと脈が鼓動を打ちました。

すると、悲鳴嶼にも見えたのです。
“透き通る世界”が。

壱の鬼が見ているものと、同じ世界に辿り着きました。

 

鬼滅の刃ネタバレ最新173
『無一郎の作戦』

無一郎は、間合いに入ることだけを考えます。
わずかな時間で良いのでした。
壱の鬼を止めたなら、悲鳴嶼か実弥のどちらがトドメを刺してくれると信じます。

無一郎は、自分の命を最期まで有効に使おうと考え、動きました。

悲鳴嶼は、彼の動きを感知します。
そして、実弥に向かい叫びました。

無一郎の作戦を読み、ふたりが協力します。
3人同時に、敵のもとへと走りました。

壱の鬼も、柱たちにはその作戦しかないと感じています。
“3人同時に仕留められる”
敵に取って、それは好機でした。

 

鬼滅の刃ネタバレ最新173
『無一郎も透明な世界を見る』

“月の呼吸 拾肆ノ型 兇変(きょうへん)・天満繊月(てんまんせんげつ)”

無一郎は、必死に間合いに入り込もうとします。
技の下の隙間を、通り抜けていきました。

壱の鬼の手に、数珠玉が当たります。
悲鳴嶼が鎖を動かすのと同時に、投げていました。
自身の視界を潜り抜けて、飛んできた数珠に疑問を持ちます。

実弥が、“塵旋風・削ぎ”を繰り出しました。
壱の鬼は、それをかわします。

そこへ、悲鳴嶼の鉄球が命中しました。
壱の鬼は、気がついたようです。

無一郎の刀が、脇腹を貫きました
一方で、彼は足を犠牲にします。
しかし、致命傷は免れました。

壱の鬼の攻撃をギリギリかわしたのです。

無一郎にも、透き通る世界が見えていました。

 

鬼滅の刃ネタバレ最新173
『悲鳴嶼の策略』

壱の鬼は、自分と同じ世界をふたりは見ていると知ります。

さらに悲鳴嶼は、自身の血の巡りを操ることで、敵をだましました。
予期せぬ事態が、壱の鬼を襲います。
しかし、誰ひとりとして、とどめを刺す者はいません。

欺いたところで、分かってしまえば無駄でした。
壱の鬼は、また型を出そうとします。

無一郎は、刀を絶対に離そうとはしません。

 

鬼滅の刃ネタバレ最新173
『鬼の力を手に入れた玄弥』

壁から、玄弥銃を構えています。
彼は無一郎に言われていました。

“自分に構わず、撃ってくれていいから”

玄弥は、無一郎に敵の動きを止めた際に、自分ごと攻撃してほしいと聞いていました。

玄弥は、鬼の姿になっています。
には壱の鬼と同じ痣が現れました。
武器には、目玉も出現します。

仲間を撃つことに一瞬ためらいました
しかし、全ては鬼を倒すためです。

玄弥は、攻撃を開始しました。

予期せぬ、外部からの攻撃に壱の鬼は驚きます
その玉は、見事に命中しました。

スポンサーリンク
 

鬼滅の刃ネタバレ最新173『今週の一押しキャラ』

仲間を撃つことになった玄弥

無一郎と玄弥は、作戦を立てていました。

玄弥が、壱の鬼の力を手に入れます。
一方で助かる見込みのない無一郎は、自分を犠牲にするように話しました。

無一郎が動きを止め、玄弥がトドメを刺す。
刀を持つことが叶わない彼の最後のあらがいでした。

わずか、14歳の彼が人々のために最期まで、命がけで戦っています。

涙がでますよね。

自分よりも、年下の子供を撃てだなんて、普通はできませんよ。
仲間なら、なおさらです。

 

鬼滅の刃ネタバレ最新173『感想』

悲鳴嶼と無一郎の天才度

ふたりは、炭治郎と同じ透明な世界を会得しました。
さすが、たった2ヶ月で柱になった天才たちです。

感覚を研ぎ澄ましただけで、壱の鬼と同じ世界を見ました。

壱の鬼も、透明な世界を見ていたとは。
しかしいつも余裕で、敵の攻撃を交わし続けていましたからね。
ようやく壱の鬼の強さが、繋がりました。

さて、無一郎くんが亡くなるのは、確定しつつあります。
出血量が多すぎるので、輸血しか生き残るすべはなくなります。

しかし救護班が、輸血の血など持っているでしょうか。
あくまで、応急処置を施すのが彼らの役割です。

そのため非常に残念ですが、来ても助かる見込みはないでしょう。

無一郎くんには、まだまだ生きていて欲しいですが……。

 

次回更新をお待ちください

スポンサーリンク

-鬼滅の刃

Copyright© 漫画情報館 , 2020 All Rights Reserved.