鬼滅の刃

鬼滅の刃ネタバレ最新172玄弥が命をかけたもぐもぐタイムに挑む!

更新日:

鬼滅の刃最新172のネタバレをご紹介します。

前回、壱の鬼に勝つ兆しが見えました。
しかし刀を4又に変化させ、立ちふさがります。

刀が変形しただけで、大きく変わるのかと感じました。
全く違います。
形勢逆転されてしまいます。

さてどうなったのかは、続きをご覧ください。

 

前回171話こちら

スポンサーリンク

鬼滅の刃を1巻分無料で読む方法

鬼滅の刃ネタバレ最新172
『実弥の不安とイライラ』

無一郎は、玄弥に頼み刀を手に固定しました。

実弥は、壱の鬼の攻撃を受けます。
そのため、右手に大きなケガを負いました。

悲鳴嶼が心配し、叫びます。
実弥は、敵の攻撃に反応できていません
悲鳴嶼の鎖で、攻撃の軌道が変わっていなければ、両腕を失っていました。

傷を追うごとに、動く速度が落ちます。
結果、悲鳴嶼の足を引っ張ることとなりました。

稀血も、なぜか効いていないようです。
強い鬼ほど、効果は高いはずでした。

変形し刀身が長くなった刀を、壱の鬼は今まで通りに振り回します。

“あの攻撃をよけれるか?
攻め込んでいけるか?”

実弥が不安に感じました。

鬼滅の刃ネタバレ最新172
『当主輝利哉の決断』

カラスを通じて輝利哉(きりや)、ひなき、にちかが戦況を確認しています。
ピンチに陥った実弥たちに対し、応援を向かわせるかと当主に尋ねました。

輝利哉の答えはNOです。
義勇炭治郎を、無惨の所にいかせると決めました。

壱の鬼は、必ず4人が倒すと断言します。

鬼滅の刃ネタバレ最新172
『壱の鬼の攻撃ラッシュ』

「月の呼吸漆ノ型」
さらなる攻撃に、悲鳴嶼と実弥は身構えました。

“厄鏡・月映(やっきょう・つきば)え”
5つの斬撃を同時にさく裂します。
刀が伸びたため、攻撃範囲も広がりました。

高速で、広範囲を攻撃してくる壱の鬼に、悲鳴嶼は危機感を抱きます。

“月の呼吸 捌(はち)ノ型 月龍輪尾(げつりゅうりんび)”

またもや、広範囲の斬撃がふたりを襲いました。
攻撃を避けるだけで、精一杯です。
近づくどころか、反撃もできません。

“月の呼吸 玖(く)ノ型 降り月・連面(くだりづき・れんめん)”

実弥は、攻撃を避けたつもりでした。
しかし、今度は背中を斬られます。

悲鳴嶼は、負傷した彼を心配しました。

実弥が自分を気にせずに、戦うように叫びます。

“月の呼吸 拾ノ型 穿面斬・蘿月(せんめんざん・らげつ)”

攻撃が実弥の命を奪おうとしました。

鬼滅の刃ネタバレ最新172
『役立たず』

実弥の危機を助けたのは、無一郎です。
刀を握れなくなった腕を使い、抱え込むように避けました。

両手で刀を握れる実弥が、勝つためには必要だと無一郎は話します。

玄弥は、柱の影から戦いを見守っていました。
けれども、自分が役にも立てるとは思えません
また、重症を受けるのが目に見えます。

一方で、兄をはじめとする柱たちを助けたい思いは人一倍ありました。

自分の弱さを嘆きます。
もっと強く、柱だったなら、どれだけ良かったことか。

恐怖から体が、うまく動きません。
“役に立てない、仲間を守れない”

弱い自分を悔しがりました。

鬼滅の刃ネタバレ最新172
『炭治郎の言葉』

そんな中で、炭治郎の言葉が浮かびます。

 

上弦の陸の妓夫太郎(ぎゅうたろう)・ 堕姫(だき)と戦ったときでした。

自分が一番弱かったと話します。
しかし、だからこそ状況を変えられたのでした。

敵が警戒できる数は、決まっています。
それを強い者に多く、弱い者には少なく当てていました。

弱い者が予想もしないことをやり、警戒の予想を外した場合です。
状況は一気に逆転します。

勝利への道が開けるのでした。

玄弥は炭治郎に尋ねます。
“本当に自分なんかにできるのか?”

胸が高鳴りました。
どうなっても、やるしかありません。
食べずにいた、壱の鬼の刃を取り出しました。

絶対に仲間を失いたくないのです。
またケガをしたときに食べようと残していた刃を食べます。

弱腰の自分を奮い立たせました。

スポンサーリンク
 

鬼滅の刃ネタバレ最新172『今週の一押しキャラ』

飛び込んで実弥を助けた無一郎

無一郎は、もうまともに刀を握れません。
布で固定して、ようやく振るえました。

彼は、まともに戦えない自分に、できることを考えます。
それが、まだ両手を使える実弥を助けることでした。

無一郎は、壱の鬼の攻撃に反応できるようです。
攻撃をよけ、刀を振るえる彼を守りました。

無一郎の助っ人参戦で、状況は変わるでしょうか。

鬼滅の刃ネタバレ最新172『感想』

玄弥が鬼になってしまいそう度

玄弥は、役立たずの自信をなげいていました。

そんな中で炭治郎の言葉を思い出します。
“弱い自分”のキーワードが、頭の中で引っかかったのでしょう。

“弱くてもできることがある。
むしろ弱くないとできないことがある。”

この言葉は、玄弥以外の読者にも、響くものがあったのではないでしょうか。

そして、命がけのもぐもぐタイムが始まりました。
壱の鬼の力は、得ると予想します。
しかし鬼の血が濃いため、鬼になって戻れなくなるのではないか感じます。

鬼を食べる=血を体内に入れるわけですから。

鬼にならないように祈るのみです。
ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 

次のお話はこちら

スポンサーリンク

-鬼滅の刃

Copyright© 漫画情報館 , 2020 All Rights Reserved.