鬼滅の刃 鬼滅の刃ネタバレ

鬼滅の刃ネタバレ最新166不死川兄弟参戦!壱の鬼の攻撃を受け止めた!

更新日:

鬼滅の刃最新166話のネタバレをご紹介します。

先週柱に貼り付けにされ、鬼に勧誘された無一郎。
あざが出現しても、歯が立ちませんでした。

このまま無一郎は、負けてしまうのかと思った矢先です。
助っ人がやってきました。

不死川兄弟です。

一体どのような戦いになったのか。
続きをご覧ください。

前回165話こちら

スポンサーリンク


 

鬼滅の刃を1巻分無料で読む方法

鬼滅の刃ネタバレ最新166
『同じ遺伝子を持つ者への情け』

炭治郎は、煉獄千寿郎(れんごくせんじゅろう)から届いた手紙を読みます。
猗窩座(あかざ)を倒し、ようやく目を通すのでした。
そこに、何が書かれているのかは不明です。

炭治郎は何を想い、目を通しているのでしょうか。

無一郎は、刀で柱に張り付けにされていました。

上弦の壱の鬼は、同じ遺伝子を持つ彼を、鬼にしたいようです。
無くした腕も鬼になれば、また生えてくると語りました。

今ならば、直ぐ鬼にしてもらえると告げます。

念のため、無一郎の腕を止血しました。

しかしこのままこの世を去っても、それはつまり宿命だと語ります。
それは無一郎が、運のない者である証拠でした。

鬼滅の刃ネタバレ最新166
『助っ人に来た不死川玄弥』

その会話を聞いている者がいました。

不死川玄弥(しなずがわげんや)です。
彼は大量の冷や汗を流し、様子を伺っていました。

そして無一郎を助けるため、壱の鬼に攻撃を開始します。

しかし壱の鬼は、彼の存在に気がついているようでした。

既に玄弥の後ろに回り込み、腕を負傷させます。

無一郎が彼の名を叫びました。

自身に刺さった刀を抜こうとします。

玄弥が刀を抜き、構えました。
けれども壱の鬼の素早い攻撃に、右手も使えなくなります。
何を察したのか、玄弥が鬼食いだと気づきました。

そして玄弥の胴も切り裂き、動けなくします。

鬼滅の刃ネタバレ最新166
『鬼食いの玄弥』

無一郎は、驚愕(きょうがく)しました。
戦うため必死に、自身に刺さった刀を抜こうとします。

けれども、柱にしっかり刺さっているようでした。

壱の鬼は、感心しています。
重症を与えても、まだ息のある玄弥に。

300年以上前に、鬼狩りをしていた者の話をします。

その者は、玄弥が受けた攻撃で亡くなったと言いました。
壱の鬼は彼の場合、首を狙わなければならないと察します。
鬼のような人間はいらないと放ちました。

玄弥は腕を治そうと、床をはっています。
しかし、壱の鬼の攻撃が速いのでした。

彼は絶体絶命のピンチに陥ります。

鬼滅の刃ネタバレ最新166
『不死川実弥の登場』

その時、どこからとなく風が吹きました。

“風の呼吸 肆(し)ノ型 昇上砂塵嵐(しょうじょうさじんらん)”

壱の鬼は距離を置きます。

相手が風柱であるのに気がつきました。
玄弥を助けたのは、兄の不死川実弥(しなずがわさねみ)です。

実弥は救いようがない弟だと話しました。
自分が母親を亡き者にまでして、守った意味がないと語ります。

玄弥は、炭治郎に言われたことを思い出していました。

「お兄さんは鬼殺隊に入ったことは怒っていた。
けど、憎んでいるような匂いは一切なかったんだ。

だから怖がらないでもいい。
話したいことがあるなら、伝えればいいんだよ。
今も変わらず、玄弥が大好きなのだから。」

実弥は、玄弥には普通に生きて欲しかったと話します。

家庭を持ち、寿命を全うし、幸せになって欲しかったのでした。
母や他の弟、妹にできなかった分、玄弥が家族を幸せにするのを願ったのです。

そして自分が、玄弥たち家族を必ず鬼から守ろうと考えていたのでした。

鬼滅の刃ネタバレ最新166
『実弥の実力』

玄弥は兄に謝ります。

壱の鬼は、兄弟で鬼狩りをしているふたりを見て、懐かしいと感じました。

実弥は彼に怒りを爆発させます。
弟を重症にしたことを決して許しません

壱の鬼に向かっていきます。

月の呼吸の攻撃を、実弥は相手の足元をくぐり抜け、足元に当てようとしました。

壱の鬼はそれをよけます。

すかさず実弥が、壱ノ型 塵旋風(じんせんぷう)・削ぎを放ちました。
鍔迫り合いになり、ついに壱の鬼が刀の刃を見せます。

無一郎も、刀身を見せたのに驚きました。

刀には、いくつもの目玉がついています。
その光景は、まさしく妖刀でした。
危険な香りを放ちます。

スポンサーリンク


 

鬼滅の刃ネタバレ最新166
『今週の一押しキャラ』

壱の鬼の刀身を見せた実弥

無一郎に向けて刀を抜いた時も、その速さから確認はできません。

しかし実弥の機転の利いた攻撃により、ようやくあらわになりました。

壱の鬼の刀身は速すぎて、いつも鞘に収まったままになっています。

それを確認させた実弥はさすがでした。
風柱様々です。

 

鬼滅の刃ネタバレ最新166
『感想』

実弥の弟を想う気持ち

玄弥は兄である実弥の態度に恐れをなしていました。
それは玄弥が、同じく鬼狩りになってしまって怒っていたのでした。

弟を危険な目に合わせたくない気持ちの現れだったのですね。

なんて良いお兄ちゃんなんでしょうか。
しかも、生涯弟に告げることなく陰から守ろうとしていたなんて。
泣けてきますね。

本心を伝えたがらない、不器用なふたりでした。

目付きと言動も悪いので、誤解されやすいんですね。
にらまれたら怖いですし。

さて次回は、実弥VS壱の鬼が本格的に始まるのでしょうか。

無一郎も抜け出せれば、まだ戦えそうです。

 

次のお話はコチラ

スポンサーリンク


-鬼滅の刃, 鬼滅の刃ネタバレ

Copyright© 漫画情報館 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.