鬼滅の刃

約束のネバーランドネタバレ147話残酷!ギーランはドッザの裏切りにあっていた!

更新日:

こんにちは!
約束のネバーランド147話のネタバレをご紹介します。

前回、ギーランの復讐劇が始まりました。
全てはノーマン達の計画通りです。

そして今回は、ギーランの悲惨な過去が明らかになりますよ。
それでは続きをご覧ください。

前回146話こちら

スポンサーリンク


約束のネバーランドを無料で2巻以上読む方法

約束のネバーランドネタバレ147話
『バイヨンの涙と怒り』

バイヨン卿は、亡くなったとふたりの子供たちの仮面を拾い上げます。
そして、愛しい家族を思い出しました。

一方で、憧れのギーランのことも想います。

悲しみから、その場で泣き崩れました。

そして仇に対し、怒りが込み上げてきます。
憎しみを糧(かて)に、バイヨン卿は襲いかかりました。

 

約束のネバーランドネタバレ147話
『ギーランの主張』

700年前の出来事です。
当時五摂家だったギーランは、貴族女王が参加する議会で、報告をしていました。

そこで、下級農園の生産が追いついていない状況を伝えます。
飢えて、野良鬼となる者が尽きません。
このままでは、国を支える民たちがいなくなってしまいます。

ギーランは、貴族たちが食べる分の一部を分け与えるように発言しました。

貴族たちは、当然ザワ付きます。
五摂家たちが口々に、意見を述べました。
しかし、自分たちを守ることばかり考える意見がほとんどです。

ギーランは机をたたき、そのようなことを言っている場合ではない、と強く反論しました。

 

約束のネバーランドネタバレ147話
『保留になった主張』

飢えた民は野良鬼となり、知能を失います。
そして、共食いし合っていました。
家族であろうが、例外なくです。

そのため村は地獄絵図とかし、いくつもの村が滅びました

ギーランは、民の必要性を議会に訴えます。
「我らの繁栄もなくなり、滅ぶ!
我らが身を削ってでも、救うべきだ!」

静まり返る議会で、イヴェルク公が口を開きました。
「君の言いたいことは分かった。
しかし、皆が不安に思うのも当然である。」

イヴェルク公は、農園の設備に問題があると指摘します。
平和になり、増えた民に対する生産が追いついていないのでした。
現在はラートリー家と協力し、下級肉の量産を試みている最中だと話します。

議会は、様子見の結論でお開きとなりました。

約束のネバーランドネタバレ147話
『立派な領主ギーラン』

家に帰ったギーランは、悔しがります
民の危機を皆が分かろうとしません。
貴族たちは、自分たちの損得しか考えていませんでした。

下級肉の量産は、幾度も失敗を繰り返しています。
そこへ、ドッザ将軍がやって来ました。
当時はギーラン家の家臣をしていたようです。

主の立派さを解きました。

民や家臣に広く慕われている者は、ギーランをおいて他にいません。
ドッザは、諦めないように進言します。
そして、どこまでもついていくと申しました。

ギーランは笑顔を見せ、幸せ者だと実感します。

ドッザに頼み事をしました。
それは邪血の少女の噂を調べるものです。

噂が本当ならば、民の飢えを何とかできると考えました。
さらに、農園の役にも立つかもしれないと。

調べる任務を任されたドッザは、どことなく不審な笑みを浮かべました。

約束のネバーランドネタバレ147話
『陥れられたギーラン』

ギーランは、謀反を企てたとして、一族も含め捕まります
そして、"野良落ちの刑"が既に確定していました。

身に覚えのない罪について問います。
理由は、怪しい血を使い、王政を崩壊させようとした反逆罪でした。

ドッザに裏切られたのを知ります。
本人は正直に、話したと語りました。
ギーランに感謝を伝えます。

領主が善人過ぎるバカで本当に良かった

 

牢に入れられたギーランは、イヴェルク公を呼びました。
そして、自分たちは無実だと説得します。

すると、イヴェルク公は無罪を知っていました
全てはドッザのでまかせであると。

ギーランは、なぜ濡れ衣を着せられたのか尋ねます。
「君の、正義邪魔なのだ」

女王は、増えすぎた民を消してしまえば良いと考えていました。

そして、皆が民のことなど考えてはいないのです。
ギーランの正義よりも、ドッザの腐った心の方が必要とされたのでした。

その後、ギーランは処刑され、ドッザが新たに五摂家へと昇ります。

約束のネバーランドネタバレ147話
『強すぎるギーランたち』

ノウム卿とバイヨン卿は、仇討ちに向かいました。
ギーランは、家族を亡くしたからどうなのかと感じます。

彼は、大切な家族や家臣の大半を失っていました。
さらに、もっと残酷な現実を味わいます

ギーランは、バイヨン卿とノウム卿の首を狩ると、平らげました。

それをドッザが見て、笑います。
だれにでも優しかった彼の変わりぶりを、勇ましく感じました。

しかしドッザも700年の間に、より強くなるため鍛錬を積んできています。

自身の全力でギーランを倒しにいきました。

すると、ギーランの手下のひとりがあっさり始末します。
そして、ギーランに謝るように語りました。

バーバラと、シスロがその様子を天井から見ています。
ノーマンに、王と五摂家の二人だけになったのを報告しました。

そのタイミングで、城内を歩いていたノーマンが行動開始の合図を出します。

スポンサーリンク


 

約束のネバーランドネタバレ147話
『今週の一押しキャラ』

民を想う善良な領主ギーラン

ギーランは五摂家の中でも、一番の地位を持つ者でした。
それを活かし、民たちの飢えに先んじて動きます。

自分たちのことを、何よりも考えてくれる領主は、素晴らしい存在です。
命を救おうと動いてくれているならば、なおさらでした。
それを邪魔だという理由で、陥れるなど絶対にあってはなりません。

イヴェルク公は、ただ従っているだけのようです。
しかし、女王たちの肩を持つなら同罪でした。

約束のネバーランドネタバレ147話
『感想』

ギーランの強さ 
ギーランは、あっさり五摂家の首をふたり分狩りました。
一瞬でしたね。

ギーラン様強すぎです。

そこで心配されるのが、彼の始末の方法でした。
鬼さえも、瞬時に倒してしまう彼らに、食用児たちは、打つ手があるのでしょうか。

ノーマンのことですから、何かしら考えているはずです。
しかし、大丈夫ですかね。
どうやって倒すのでしょうか?

次回で明らかになりそうです。

次のお話はこちら

スポンサーリンク


-鬼滅の刃

Copyright© 漫画情報館 , 2020 All Rights Reserved.