鬼滅の刃

約束のネバーランドネタバレ144ノーマンはムジカたちを保護する気はなかった

更新日:

約束のネバーランド144話のネタバレをご紹介します。

前回ギルダとドンは、ムジカたちを見つけました。
そこへ彼らを倒すため、刺客としてラムダ出身者たちが現れます。

しかしソンジュの素早い動きに対応できずに、ジンを人質に取られました。

今週は、一体どうなるのでしょうか。
続きをご覧下さい。

前回143話こちら

スポンサーリンク


約束のネバーランドを無料で2巻以上読む方法

約束のネバーランドネタバレ144
『ソンジュとムジカは気が付いていた』

ギルダたちが到着する前の出来事です。

ソンジュムジカは、後を付けられているのを感じ取りました。
しかし、一向に近づいてきません。
3日前にわざと残した痕跡にも、気が付いてるはずです。

ムジカは、追手ではないのではと語りました。
ソンジュは、断言できません。
様子を伺います。

そしてもし追手ならば、いつも通り返り討ちにするだけでした。

約束のネバーランドネタバレ144
『ラムダの力』

ソンジュが人質であるジンに、退くように話します。
今すぐ諦めれば許す、と交渉の余地を与えました。

ハヤトは、アイシェに取り押さえられます。
ラムダの数人の精鋭たちも、いつの間にか攻撃されていました。
ソンジュが一瞬の内に、気絶させていたのです。

彼はもう一度だけ、警告します。

ジンに退く考えはありません。
全ては、食用児たちの未来のためでした。

自分ごとソンジュ達を亡き者にしろ、と指示を出します。

アイシェが鬼の言葉で、注意するように叫びました。

ラムダの精鋭たちが襲いかかります。

ソンジュは避けました。
その先にあった木が、無惨に倒されます。
彼らの腕力の凄まじさを物語りました。

しかしソンジュには、相手がだれだろうが関係ないのです。
ムジカに危害を加える者は、許さないと決めています。

 

約束のネバーランドネタバレ144
『突然の発作』

ラムダの精鋭が飛びかかろうとした瞬間でした。
突如ラムダの全員が刃物を落とし、頭を抱え苦しみます。

その場にいた全員があ然としました。

発作が起きたとジンは口にします。
ハヤトも予想外の出来事に焦りを見せました。

苦しむラムダの精鋭に、ムジカが駆け寄ります。
ソンジュが近づかないように、慌てて後を追いました。
ムジカは、全員が息をしていないと伝えます。

ギルダに、自身の荷物から薬草袋を取るように伝えました。

ドンとソンジュには、手を貸すように指示します。

襲ってきた人間を助けるのを、ソンジュは反対しました。

一方でムジカは、鬼よりも弱い人間を必死に助けようとします。

約束のネバーランドネタバレ144
『ノーマンの本当の狙い』

ハヤトは戸惑いました。
しかし、彼女の行動が心を動かします。

「薬草では、発作は治まらない……。
薬を飲ませないとダメなんです!」

ハヤトは降参するように説得します。
ジンも、お手上げでした。

全員に薬を飲ませ、ハヤトたちは縄で縛られます。

ムジカとアイシェは、握手と言葉を交わしていました。

それからムジカは改めて、ドンとギルダから話を聞きます。
エマが七つの壁を目指していること。
そして、ノーマンたちが王都へ進軍していることも全て話します。

ギルダはふと、あることに気が付きました。

ノーマンは始めから、ムジカ達を助ける気はなかった。

アイシェが忠告していた通りでした。
ボスは甘くない。必ず他に刺客はいる。

ノーマンの言葉は全て嘘だったのです。
ムジカたちを保護する気もなく、エマが約束を結び直すのを待つ気もなかったのでした。
鬼を絶滅させることしか、彼の頭にはなかったのです。

約束のネバーランドネタバレ144
『ギルダの涙』

ギルダは、涙を流しました。

ソンジュとムジカに謝ります。
そして、刺客を放った者が家族だと話ました。
頼みを聞いてもらう資格はありません。

けれども彼女は、ふたりに頼みました。
食用児たちを助けてください

ギルダがムジカの手を取り、頭を下げます。

約束のネバーランドネタバレ144
『エマの帰還』

2047年11月7日
レイが戻って来てから、3時間が経っていました。

ノーマンが王都へ進行を開始してます。
ギルダとドンは、ムジカたちを探しに出かけたと報告を受けました。

「約束は結べたのか?」
エマは頷き、家族たちに報告します。

だれを亡くすことなく、おわれる心配もないまま、人間の世界に渡れる!
皆が飛び上がり、喜びました。

レイがごほうびについて尋ねます。
エマは、大丈夫だったと話しました。

「詳しい話は、後で聞く......。」

それよりも、今は急がなけらばらない状況でした。
自分たちも今すぐに、王都へ向かうと話します。

トーマとラニが、とんでもないものを見つけていました。
それから、ノーマンが王都の鬼を全滅させるつもりだと知ります。

エマは、ゆがんだ表情を浮かべました。

約束のネバーランドネタバレ144
『いざ王都へ』

ムジカは、ギルダの願いを聞き入ます
おまけに、王都へ一緒に行くと伝えました。

ギルダも、それはさすがに不味いと止めようとします。
戦争を止めたい、という気持ちが彼女にはありました。

そして何よりも、友達の頼みです。
断る義理はありませんでした。

ソンジュは反対するかに思えます。
しかし、彼も王都へ向かうのには賛成でした。

エマたち家族と、ムジカたちが王都へと急ぎます。

スポンサーリンク


約束のネバーランドネタバレ144
『今週の一押しキャラ』

涙を流すギルダ

ギルダはノーマンの企みに気が付き、涙を流しました。

ムジカ達を探し出すために、利用されていたのですから。
信じていた者に、裏切られたのです。
泣きたくもなります。

また自分たちに、本心をさらさないノーマンへの寂しさもあったでしょう。

同じ場所で育った家族にも、彼は自分の気持ちを話しません。

絆を断つような真似をしても、彼は鬼のいない世界を作りたいのですね。

約束のネバーランドネタバレ144
『感想』

約束が結び直された嬉しさ

エマは見事に約束を結び直して帰ってきました。
戻ってこれて良かったですね。

ごほうびについても、大丈夫だと話していました。
要求されたとき、絶望的な表情をしています。
本当に、大丈夫だったのでしょうか。

そして、今回のギルダは一段と可愛かったです。
弱々しい女の子としての姿が見れました。

第2のヒロインは、やはり彼女ですかね。

いつもはしっかり者の優しいお姉さんでした。
そんな彼女を泣かせてしまうノーマンは罪な男です。

全ては食用児たちのためなんですけどね。

さて、約束のネバーランド144話のネタバレを紹介しました。
来週の更新をお待ちください。

次のお話はコチラ

スポンサーリンク


 

-鬼滅の刃

Copyright© 漫画情報館 , 2020 All Rights Reserved.