約束のネバーランド 約束のネバーランドネタバレ

約束のネバーランドネタバレ最新141話驚愕!約束は仲間の裏切りによって結ばれた!

更新日:

約束のネバーランド最新141話のネタバレをご紹介します。
前回ついにエマは■■の元に辿り着きました。
鬼の王都では、儀祭の準備が進んでします。

果たしてエマは約束を結び直せるのでしょうか。
それでは続きをご覧ください!

前回140話こちら

スポンサーリンク


 

約束のネバーランドを1巻分無料で読む方法

約束のネバーランドネタバレ最新141話
『結ばれた約束はひとつではない』

エマたちが、約束について考えている回想から始まります。

■■は全ての鬼の頂に立つ存在です。

レイが、ミネルヴァのペンの内容を見ながら話していました。

「■■と、自分たちが新たな約束を結ぶ。」

他の仲間が尋ねます。
「どんな約束を結び、どうやって結び直すのか。」

■■が、食用児の解放を了承するとは思えません。

エマが意見を述べました。
そこからレイが新たな発見をします。

"約束はひとつではない"

人間の世界と鬼の世界を分ける約束は、人間鬼の王族が結んだものでした。
そしてもうひとつ、■■に向けて人間と鬼が交わした約束があります。

それを利用し結び直せば、食用児たちはこの世界から逃げられると、確信しました。

約束のネバーランドネタバレ最新141話
『あっさりした■■の返事』

エマは約束を結び直しに来たと告げます。
すると■■は、あっさりと了承しました。

エマは驚きます。
もう少しこじれるモノだと、予想していたからでした。

できないと言われるよりかは、良いと感じます。

けれども■■は、次のように話しました。
"自分も褒美をもらう必要がある。"

遥か昔、人間と鬼が話していました。
鬼が望みを叶えるには対価がいる、と話します。

そして何を望まれても、絶対に断ってはいけないと伝えました。

約束のネバーランドネタバレ最新141話
『1000前の戦争』

ここから、約束が結ばれる1000年前の話になります。

人間たちは、鬼と戦っていました。
敵の伏兵に会い、体力を消耗しています。

そこへ当時のラートリー家の人物が、伏兵は最後だと伝えに来ていました。

ここにいる鬼たちを倒せば、拠点を抑えられると話します。

兵はやる気を出し、勇敢に攻め込みました。

目標は達成した者の、多くの仲間が亡くなります。
いつまでも続く戦いに疲れを見せる者もいました。

けれども、今回は人間たちの勝利です。

 

約束のネバーランドネタバレ最新141話
『非情な意見』

次なる作戦を立てようとしました。

そこへひとりの人物が、話し合いにより戦いを終わらせようと提案します。

その場にいた者たちが、驚きました。

前向きな意見もあれば、否定的な意見もあります。
鬼たちは、普通の方法では了承しないと発言する者がいました。

「一部の人間を供物として渡すのはどうだろうか。」

食料である人間を断つことがなければ、交渉に応じるのではと考えたのです。
奴隷などの人間を差し出し、鬼たちで増やしていくように仕向けます。

けれども、仲間たちは反対しました。
あまりにも非人道的な考えです。

提案をしたユリウスと言う青年は、提案を取り下げました。

一方で、戦い疲れた兵士たちを想うと、その方が良いと考える者もいます。

しかし一度人間を渡せば、永遠に要求してくる可能性もありました。
そのため、この意見は見送られます。

約束のネバーランドネタバレ最新141話
『鬼の圧倒的な強さ』

人類は国を超えて、一致団結していました。
和平を結ぶにしろ戦い抜くとしても、全ての人間の勝利が重要です。

「身分の違いにも左右されずに、全ての国民を守るろう!」

人類の勝利も見え始めていました。
先祖代々続いた戦いを終わらせる、と固く決意します。
人間が鬼に食べられない世界に必ずしようと誓い合いました。

“あともう少しで、人間たちは勝てる。”
そう思っていました。
けれどもユリウスは、思い知らされます。

鬼が一瞬にして、戦況をひっくり返してしまったのです。

何人もの人間を、あっという間に蹴散らす存在が現れました。
レウウィス大公です。

約束のネバーランドネタバレ最新141話
『ユリウスの裏切り』

ユリウスの存在に気がつきました。
「月が綺麗だね」
そう挨拶をしてきます。

彼は、いつの間にかひとりとなっていました。

その時心の奥底に眠っていた、本心が明らかになります。

「戦は疲れた……。早く帰りたい……。」
誰のためでもない、ユリウス自身がそう感じていたのです。

終わるといいながらも、終わらない戦争。

勝ち目のある今なら、鬼たちも要求を聞き入れると考えます。

自身が戦いを終わらせると決意しました。
ユリウスは剣を置きます。
そしてレウウィスに、鬼の王への謁見を求めました。

「取引がしたい。」
彼の裏切りが、食用児たちの悲劇の始まりでした。

スポンサーリンク


 

約束のネバーランドネタバレ最新141話
『今週の一押しキャラ』

仲間を裏切ったユリウス
ユリウスもまた、長く続く戦いに疲れていました。
終わると言われながらも、一向に収束しない戦いです。

疑問を持つ者が現れるのも必然でした。

それが彼だったのです。
仲間の中にも、和平を考える者がいました。

有利な内に申し入れすれば、要求を聞き入れてもらえる可能性は十分にあります。

そうユリウスは答えを出したのです。

約束のネバーランドネタバレ最新141話
『感想』


■■のノリの軽さ 

約束は今までずっと守り続けられたものです。
それを、ひとりの人間の要求で変更できるとは普通は思わないでしょう。

エマが驚くのも当然です。
■■は、人間と鬼との間で結んだ約束をあまり重くは感じていないのでしょう。

自分の願いを聞いてくれるなら、なんだっていいと思っていそうです。

また約束が結ばれたきっかけが、仲間の裏切りだったとは驚きました。
戦争なんてだれも幸せなどしませんからね。

終わらせたいと思うのも当然でしょう。

次のお話はコチラ

スポンサーリンク


-約束のネバーランド, 約束のネバーランドネタバレ

Copyright© 漫画情報館 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.