約束のネバーランド

約束のネバーランドネタバレ最新135話ノーマンがムジカたちを保護する!?

更新日:

約束のネバーランド アイキャッチ135.jpg

約束のネバーランド最新135話ネタバレをご紹介します。
今回は、ノーマンがドンとギルダに頼んだ内容が明かされました。
一体ノーマンは、何をふたりに頼んだのか?
気になりますよね。
それでは、続きをどうぞ!

前回134話こちら

スポンサーリンク
 

約束のネバーランドを無料で2巻以上読む方法

約束のネバーランドネタバレ最新135話
『ドンとギルダに依頼したこと』

ノーマンが、ドンとギルダを呼び出します。
用件は、ソンジュとムジカを探し保護することでした。
ドンは自分たちが、探すのかと再度尋ねます。
ノーマンは詳細を話しました。
ラートリー家や王族たちに捕まる前に、保護したいと考えています。
ドンは、なぜふたりを保護するのかと疑問に思いました。
ノーマンには、なにか意図があるようです。
エマ達の進めたい計画には、ソンジュとムジカの存在が必要でした。
仮に彼女たちが、戻るのが遅れた場合です。
ノーマン達が王や貴族を狩りつくしてしまった場合、邪血の力に頼る他なくなります。
エマの作戦に乗るかは、まだ決めていません。
けれどもソンジュとムジカが捕まれば、どちらにしろ亡き者にされることは目に見えていました。
ノーマンは、どちらに付くかもわからない存在を野放しにはできません。
そのため話し合うことで、人間の仲間にしたいと考えたのです。
そこで、友達であるドンとギルダを交渉人に選んだのでした。

約束のネバーランドネタバレ最新135話
『ムジカ達の居場所』

ギルダはどこか言いたいことがあるようです。
けれども、ドンが代わりに口を開きます。
自分たちが、ソンジュとムジカに出会ってから2年が過ぎていました。
旅を続けているふたりの行方は、当然わかりません。
そこでノーマンは、地図を広げました。
ソンジュとムジカが通りそうな場所を、いくつか予想したと話します。
王の部隊が探し回っているであろう場所は、まず通ることはないでしょう。
具体的な場所は鬼たちが住む都市や街、村が挙げられます。
反対に通ると予測されるのは、普通の鬼たちが近寄らない場所でした。
つまり危険な森や、険しい山道、不浄の場所とされる場所。
王たちにより立ち入りが禁止されている区域が、当てはまりました。
ギルダとドンは、始めにムジカ達にあった場所を地図で発見します。
ノーマンは、グレイスフィールドの辺りの区域も、立ち入り禁止だと説明しました。
他にも王たちには知られていない集落や、地下トンネル、洞窟。
逃げ道が多く、敵に見つかりにくい地形などが挙げられます。
それらを元に、ノーマンはムジカ達がいそうな場所を絞り込んでいました。
数か所にだけ、丸が書き込まれています。

 

約束のネバーランドネタバレ最新135話
『ノーマンの本心はどこに』

ドンは、これらのどこかにふたりがいるのかと尋ねました。
ノーマンは、可能性は高いと答えます。
“逃げる者の気持ちは、自分たちが一番わかる。”
改めてふたりに捜索を頼みました。
頼りになる護衛も付けると話します。
ギルダは、ドンに視線を送りました。
ドンはノーマンの顔を見ます。
その口は堅く閉ざされていました。
部屋をあとにしたふたりは、ギルダが口を開きます。
そして、ノーマンがどう思っているのかを話し合いました。
彼がムジカたちの命さえも、奪おうとしていたことは既に知っています。
一体どういう心境の変化かと、ギルダは疑いました。
ドンも同じ気持ちのようです。
仮にノーマンが、本当に考え直してくれたなら良いことでした。
しかし自分たちが、ムジカたちをおびき寄せるためのエサになる場合も考えられます。

約束のネバーランドネタバレ最新135話
『アイシェという少女』

しばらくの沈黙のあと、ふたりは先ほどのやり取りを思い出しました。
ノーマンには、既に探すことを了承しています。
この頼みを断ったところで、ノーマンは自分たちでムジカ達を探し出すことでしょう。
結果が同じなら自分たちが捜し当て、ムジカ達を守るほうが良いと決断します。
ドンとギルダの護衛は、ハヤトでした。
見送りに出た仲間たちは、不安に感じます。
その声は本人にも聞こえていました。
ハヤトは、自分でも頼りないことは分かっています。
その代わりに、あともう一人連れていくと話しました。
そこ現れたのは3匹の犬を連れた、褐色の肌をした少女です。
名をアイシェと言いました。
彼女は、中々の手練れのようです。
犬たちも探索が得意でした。
ドンとギルダは、自己紹介をします。

 

けれども、アイシェはそっぽを向きました。
ハヤトが説明します。
彼女には言葉が通じないのだと言いました。
ギルダは、ラムダの出身者なのかと尋ねます。
彼女は禁制区域の森で、犬たちと共に鬼に飼われていたそうです。
そこをノーマン達が助け出します。
そのため、アイシェは鬼の言葉しかわかりません。
ギルダとドンは、何としてもムジカ達を守ろうと決心します。

 

約束のネバーランドネタバレ最新135話
『レイが抱える幼子』

自分たちを含めた、全ての仲間たちのために、ギルダとドンはムジカたちの元へ出発しました。
七つの壁に向かったエマとレイに語り掛けます。
こちらのことは、全て自分たちに任せるようにと。
一方のレイ達は、七つの壁を探し彷徨っていました。
レイはどうやらひとりのようです。
その手には、幼子が抱えられていました。
エマの姿はありません。
彼女のように見える赤子は一体だれなのでしょうか。
エマの行方はいかに。

スポンサーリンク


 

約束のネバーランドネタバレ最新135話
『今週の一押しキャラ』

鬼の言葉を話す少女アイシェ
彼女は、他の仲間たちとは違う特殊な環境で育ちました。
鬼に飼われていたため、人間の言葉は一切分かりません。
ノーマン達と出会った頃も、鬼の言葉を口ずさんでいます。
シスロ達が助けに来たとき、言葉が分からないためか酷く怯えていました。
そんな中、あとからノーマンがやってきます。
アイシェは大人しくなりました。
ノーマンに何か特別なものを感じたのでしょうか?
彼女と共にいる3匹の犬たちは、かけがえのない存在のようです。
鬼に飼われていたときから一緒にいました。
アイシェも犬たちには、優しく接しています。

約束のネバーランドネタバレ最新135話
『感想』

桜ノ宮あき驚き1.jpg

ノーマンの提案に対する驚き
ドンとギルダが言ったとおり、ノーマンのには何か裏がありそうですよね。
彼はもう、昔の仲間に優しいノーマンではありません。
この間もエマたちと話したとき、猛反対していました。
“鬼であることに変わりはない”と。
そして、たとえ人を襲うことはなくとも、好物を我慢できる鬼は存在しないと話しました。
エマたちが出立して、数日も経たないうちでの呼び出しです。
そう簡単に、鬼に対する考え方を変えられるでしょうか。
普通は長年憎んでいた相手を、数日で許すなど不可能です。
ノーマンの頭の中は、今どうなっているのでしょうか。
保護するのは賛成です。
しかしソンジュとムジカが、仲間の前に現れ、良いことがあるでしょうか。
鬼のことを思い出すだけで、発作が起きてしまう仲間もいます。
ですから、保護するだけの名目でムジカ達を側に置くのは考えにくいでしょうね。
とりあえずは、ドンとギルダに任せましょう。
約束のネバーランドネタバレ最新135話ノーマンがムジカたちを保護する!?は以上になります。
ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
また来週お会いしましょう!

次のお話はコチラ

 

スポンサーリンク


-約束のネバーランド
-

Copyright© 漫画情報館 , 2020 All Rights Reserved.