約束のネバーランド

約束のネバーランドのネタバレ最新133話 我が家はホラーハウス!?

更新日:

約束のネバーランド アイキャッチ133.jpg

約束のネバーランドのネタバレ最新133話「あそぼ」を紹介します!
今回は、若干ホラー要素がありました。
漫画ではリアルに描かれている分さらに、怖く感じます。
巫女なのに霊のたぐいが苦手なのでした。

前回132話こちら

スポンサーリンク

約束のネバーランドを無料で2巻以上読む方法

約束のネバーランドのネタバレ最新133話
『もう後には戻れない』

自分たちの過ごしてきたわが家が、そこにはありました。
エマとレイは、驚きを隠せません。
七つの壁へ向かうために、入口の扉から入りました。
それがどうして、GF(グレイスフィールド)に繋がっているのかが理解できません。
レイは入って来たはずの扉が無くなっていることに、気が付きました。
“入口限りの片道切符”
その意味を、いま一度理解します。
ふたりは先へ進むため、中に入ることにしました。

約束のネバーランドのネタバレ最新133話
『不気味な声』

扉を開けて中に入ると、そこはわが家そのものでした。
懐かしささえ感じます。
けれども、どこかに違和感を感じました。
エマは、音が全くしないことに気が付きます。
人がいるのかを、確認することになりました。
するとどこからか、不気味な笑い声が聞こえてきます。
ふたりが上を見上げていると、トントントンと音が聞こえました。
2階から落ちてきた、黒いボールのようなものが側に転がります。
しかしそれは、ただのボールではありません。
目玉がついた不気味な生物のようでした。
さらには、あそぼと話しかけてきます。
驚愕したエマの足元には、ドアが出現していました。
そして、扉の向こう側に落ちていきます。
レイは急いで助けようとしますが、ドアは消滅しました。

 

約束のネバーランドのネタバレ最新133話
『ホラーハウス』

2階からエマの声が聞こえます。
レイは、直ぐさま駆け上がりました。
すると、突如空間がゆがみます。
名を呼ばれ振り返るとそこには、ママであるイザベラを含めた家族がいました。
それから、レイを抱きしめ迎えいれます。
成長したわが子を、イザベラは慈しみました。
けれどもレイは、とっさに違和感を感じ引きはがします。
そのため正体不明の人物たちを、問いただしました。
最初は、あそぼと家族たちが寄って来ただけに見えたのです。
しかし、皆がそろって恐ろしく顔をゆがめました。
そしてレイ自身も、小さな子供の姿になります。
イザベラの呼ぶ声に、子供たちが集まってきました。
“あそぼ。”
そう連呼する姿は、もはや人間ではありません。
骨のみの姿になり、レイを追いかけ始めたのです。

約束のネバーランドのネタバレ最新133話
『不思議なドアたち』

一方のエマは、ドアの迷路に迷い込んでいました。

どこを開けても、ドアが並んだおかしな廊下に行きつくのです。
大きな声でレイを呼びました。
奇妙な空間を、ひとりで行動するのは危険です。
急いで、レイと合流することを考えました。
エマは、ドアの間の壁を武器で壊します。
その音が逃げ回っているレイにも聞こえました。
出きた穴を思い切り蹴り、エマはそこを通り抜けます。
そこでレイを見つけました。
同じく彼が、エマに気が付きます。
けれどもレイの走っていた道が、音を立てて壊れました。
エマも同じく放り出されます。
落ちる瞬間に、辺りを見回しました。
そこには、あそぼと言っている骨の姿の者たちや、ロボットなどもいます。
エマは恐ろしくなり、顔をゆがませました。
レイは、敷き詰められたぬいぐるみの上に落ちていきます。
すると骨の姿の子供たちは、居なくなっていました。

約束のネバーランドのネタバレ最新133話
『合流と再会』

エマも同様に上から降ってきました。
それからレイに向かい、小さくなっていることを指摘します。
ならびに、理由も尋ねるのでした。
レイは怒りをあらわにしながら、知らないと答えます。
同様にエマも小さくなっていることを、知らせるのでした。
それもつかの間のことだったらしく、ふたりは元に戻ります。
すると今度は、ぬいぐるみたちがあそぼと連呼し始めました。
レイが困惑する中、エマがとあるものを見つけます。
それは、目当ての七つの壁の向こう側にいる鬼の声がするぬいぐるみでした。

 

約束のネバーランドのネタバレ最新133話
『七つの壁の在りか』

エマは、大きな声で存在を知らせます。
また用件も伝え、この場所が何なのかを尋ねました。
そして、相手がどこにいるのかも聞き出そうとします。
すると声が、エマの呼びかけに答えました。
“自分はずっと七つの壁の先にいる。
僕を見つけてごらん。”
突如、ぬいぐるみに埋もれていた蓋が開きます。
人が一人ずつ通れる、穴の中には下へと降りるはしごがありました。
その声は七つの壁が、この中にあると言います。
ふたりは、缶詰などの食料や、ステッカーが貼り巡らされている空間を上から眺めていました。

スポンサーリンク


 

約束のネバーランドのネタバレ最新133話
『今週の一押しキャラ』

小さくなったエマとレイ

「何で小さくなってるの?」
「知らねーよ!!」
レイの顔が白目をむいていたのが、とにかく笑えました。

いつもは冷静なレイの、そういうエマとのなれ合いを見ると安心します。

やっぱり普通の男の子だなぁと。
そしてエマも、目がクリっとしていて可愛いかったです。
やっぱり女の子だなぁと感じた瞬間でした。

約束のネバーランドのネタバレ最新133話
『感想』

桜ノ宮あき恐れ2.jpg

ホラー度
まさか、GF(グレイスフィールド)が、ホラーハウス化しているとは思っても見ませんでした。
がいこつ軍団に追いかけ回されるというのは、恐怖でしかありませんね...。
最初読んだときは、本当に驚きました。
エマの方も、一生出られなかった場合はホラーですね。
壁に穴をあけて、逃亡したので良かったですが。
レイがあのまま捕まっていたら、どうなってしまったんでしょうか。
まさかレイも骨になってしまうんですかね。
恐ろしい限りです。
けれども今回、七つの壁への有力な情報が得られたのではないでしょうか。
はしごを降りた先に、あると言っていました。
その先に何があるのかは不明です。
しかし、人が食べる食料が置いてありました。
そのため、もしかしたら人間がいたりするのかなと思いました。
さて今週は合併号なので、次回は再来週となります。
ここまでお読みいただき、ありがとうございました!
次回も会いましょう!

次のお話はコチラ

 

スポンサーリンク


-約束のネバーランド
-

Copyright© 漫画情報館 , 2020 All Rights Reserved.