約束のネバーランド

約束のネバーランドネタバレ最新130話仲間たちへの説得失敗!?

更新日:

約束のネバーランド アイキャッチ130.jpg

約束のネバーランド ネタバレ最新130話「報告」をご紹介します。

エマとレイのふたりは、七つの壁に向かうことを強く反対されました。
仲間全員ではありませんが、鬼を憎み恐怖する者は当然います。
果たして、仲間を説得することは出来るのでしょうか?

前回129話こちら

スポンサーリンク

約束のネバーランドを無料で2巻以上読む方法

約束のネバーランド ネタバレ最新130話
『滅ぼすと言うこと』

エマが明るい表情で、“七つの壁”に行くことを仲間全員に報告します。
当然彼らは、突然の報告に驚きを隠せません。

家族のひとりが、ノーマンの話していたことを持ち出します。
“鬼は滅ぼすことが可能だ。”
けれどもエマは、自身の気持ちに正直になることを伝えました。
根絶やしにしてしまうのは、嫌だと。
仲間たちの驚嘆の声は止みません。
けれども、エマは説明します。
鬼が皆、悪い者たちなら滅ぼすことにも賛成でした。
けれども、平凡に生きている鬼たちもいます。
さらにはその子供たちまでとなると、どうしても気が進みません。
そしてエマは、理性を失った野良鬼がおこす悲惨な結末を話しました。
野良鬼が増えると言うことは、仲間でさえも襲うようになります。
やがて、逃げまどう鬼たちの悲鳴しか、聞こえなくなるでしょう。
それが、どれほどの恐怖と絶望、憎悪を生みだすことでしょうか。皆はそれを理解していませんでした。
話を聞いた家族たちの顔は、青ざめています。

約束のネバーランド ネタバレ最新130話
『ことの重大さ』

エマはできる限り、鬼を手にかけたくはありません。
同じく仲間たちにも、そのようなことはさせたくありませんでした。
側にいたレイが、ムジカやソンジェ達のことも話題に上げます。
命の恩人である彼らのことに、家族たちも重大さに気が付きました。
けれどもエマは、仲間たちに強力を仰ごうとはしません。
全て自分の身勝手だと告げます。
それからノーマンの作戦は、計画通り実することを知らせました。
現時点で滅ぼす以外の方法があるかは、分からないことを説明します。
そして、もう一度笑顔で報告しました。
“レイとふたりで確かめてくる。”
だが、ギルダは焦りを隠せません。
他の家族たちも顔を見合わせます。
エマたちの話を聞き、自分たちの考えの浅さに反省を示す者もいました。
レイは、実際に鬼の町を見たわけではない仲間を慰めます。
サンディーも、敵の違う一面はあると話しました。

約束のネバーランド ネタバレ最新130話
『それぞれの意見』

けれども、鬼の恐怖心から離れられない者もいます。
ジリアンは確かにムジカとソンジュは、亡き者にはしたくないと語りました。
しかしながら、そんなことよりも仲間たちやエマの方が大切だと訴えたのです。
ギルダも、この間エマが鬼に襲われたことを話しました。
そのことに、レイは答えます。
“エマは頭が狂っているんだ。
自分も最初は鬼に慈悲なんて持たなかった。”
エマは、厳しい発言に苦笑いを浮かべます。
ところがドンは、それがエマらしいと笑いかけました。
そしてふたりが、一生懸命考えて出した答えを応援します。
危険があっても、いつも悔いのないような道を、自分たちは選んできたと発言しました。

約束のネバーランド ネタバレ最新130話
『ノーマンを救う意志』

一方でギルダは、どうしても納得できません。
“どうして方法は一つだけではないのに、エマばかりが危険な目に合うの?”
エマは、ギルダを抱きしめ謝りました。
彼女が心配してくれる気持ちは、十分分かっているつもりです。
けれども、ノーマンに二度と自分の意思に反することはして欲しくありませんでした。
そのことを伝えると家族たちは、疑問を浮かべます。
レイが補足しました。
“ハウスを出て行った時のように、全てを自らで背負い片付けようとしている。”
そのことに関して、エマも自分も納得していないと伝えました。
エマも、思っている気持ちを伝えます。
“皆は自分たちが行った方法が、たった一つの成功だと思っているに違いない。
けれども、ノーマンがいなかった時点で、失敗だった。”
エマとレイは、訴えかけます。
行動する前から諦めてはダメだとノーマンに、今度こそ証明したいと。
そして、自分たちもできるだけ早く戻ってくると宣言します。
レイは、戻ってこない場合を話しました。
その時は、皆が後悔しない道を選ぶようにと言い残します。
ギルダが、絶対に生きて戻ってくるように約束させました。
エマは必ず皆のもとに、けがなく帰ってくると約束します。

 

ギルダが声を張り、留守を任せるように両手を握りました。
仲間たちも笑顔で、エマとレイを見ます。
ふたりも満ち足りた笑顔を見せるのでした。

約束のネバーランド ネタバレ最新130話
『出立の時』

部屋では、ノーマンとヴァンセントが話していました。
内容は、エマたちの出発についてです。
ノーマンは、月が出れば今日にでも出発すると返しました。
エマとレイは、身支度を終えていよいよ出立しようとします。
満月、金の水、ヴィダの花。
壁に行くために必要なものが揃っていました。
七つの壁に行くのは、これで2回目です。
見守る者たちにも、緊張が走りました。
そしてふたりは、自分の血を採取するために、ナイフを手にしたのです。

スポンサーリンク


 

約束のネバーランド ネタバレ最新130話
『今週の一押しキャラ』

エマのことを心配するギルダ

 

ギルダは、何も意地悪で反対していたわけではありませんよね。
この間も鬼に襲われ、またいつ危険な目にあうかも分かりません。
そして、必ず帰ってこれる保証のない場所に行くわけですから。
行って欲しくない気持ちも分かります。
けれども、ノーマンに対するふたりの気持ちを知りました。
そのことが彼女の心を動かします。
最後はエマたちの無事を祈り、留守を任せるように任されました。

約束のネバーランド ネタバレ最新130話
『感想』

桜ノ宮あき笑顔開口.jpg

仲間たちの優しさ
本当はみんな、エマとレイを壁に行かせたくないと感じましたね。
賛成、反対に関わらず。
特に家族たちは、エマたちと付き合いが一番長いため、心配の程度が違うでしょうね。
絆のようなものを、行動や言動から毎回感じてました。
ドンは、エマの言っても聞かない性格を知り尽くしていますし。
ギルダは、誰よりもエマを心配してました。
しかしながら、そんな家族を説得してしまうふたりには感心します。
ハッキリと意見を述べられない者からすれば、実に見事でした。
来週からエマたちが、いよいよ壁に向かうわけです。
帰ってこられるのか、本当にドキドキしますね。
約束のネバーランド ネタバレ最新130話「報告」をご紹介しました。
来週もお楽しみに!
ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

次のお話はコチラ

スポンサーリンク


-約束のネバーランド

Copyright© 漫画情報館 , 2020 All Rights Reserved.