約束のネバーランド

約束のネバーランド ネタバレ【最新】125話 ノーマンの巧みな交渉術!

更新日:

約束のネバーランド アイキャッチ125.jpg

約束のネバーランドのネタバレ【最新】125話「嘘吐きの同盟」は、その題の通りでした。
ノーマンが、護衛のザジを連れてひとりで話を進めていきます。
さて、どのようになったのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

約束のネバーランドを無料で2巻以上読む方法

約束のネバーランド ネタバレ【最新】125話
『大きな鬼の長』

多くの鬼たちに、ノーマンは囲まれています。
交渉するため、彼らの元に来ていたのでした。

側にいたザジが、今にも刀を抜こうとしています。

それを、ノーマンが納めるようになだめました。
人間を目の前に、鬼の一人が発言します。
“君があまりにも美味そうだから。”

ノーマンは冷静に話をします。
「鬼たちの食事が、十分に出来ていないのは察している。
けれども、自分たちと同盟を結んだ方が利益をもたらすことは分かっているはずだ。」

そしてこれは、食料に困らない生活を送れる唯一の手段であると語りました。

ノーマンは、代表者はどこにいるのかと尋ねます。

もうすぐ来ると言う返事の後に、杖をつく音が鳴り響きます。
そこに、ノーマンの身長の3倍はある鬼がやってきました。

約束のネバーランド ネタバレ【最新】125話
『ギーランとの会談』

鬼は、ミネルヴァを名乗っているノーマンを労います。
ノーマンも、丁寧にあいさつを交わしました。

“ギーラン卿”と呼ばれた鬼は、ミネルヴァの知り合いのようでした。
約束を守り部下とふたりで来たのを、ギーランは喜びます。

ノーマンは信頼され、同盟を結ぶことが最優先と語りました。
それから、土産を渡しました。
ギーランは、助かると喜びます。

両者は、机に向かい合うように腰掛けました。

おおよその内容は、ギーランもあらかじめ聞いていたようです。
けれども、偽りがあってはいけません。

今一度、ノーマンに尋ねます。
“自分たちに何を求めるのか。”

ノーマンは口を開きます。
自分たちが欲しいのは戦力で、差し出す物は勝利だと話しました。
それから、鬼たちの復讐の成就だと付け加えます。

ギーランは、700年前に家を裏切りました。
本来ならば成功するはずでしたが、陥れられ失敗したのです。
結果一族を追放され、今に至るのでした。

その原因を作った家の者たちをエサに、同盟を持ちかけたのです。

原因を作った家の者とは、鬼の王家と現在の五摂家のことでした。
彼らがいなくなれば、ギーランを政権の中枢に戻せると語ります。

それから復讐を果たしたのち、王にすると約束しました。

約束のネバーランド ネタバレ【最新】125話
『ノーマンの狙い』

ギーランは、その見返りを尋ねます。

ノーマンは自分たちと同じ人間たちの解放を条件に出しました。
そして、自分たちの自主的な暮らしを認めるように提示します。

鬼たちはザワつきました。

けれども、食料を奪うつもりはないと続けます。
人間たちは解放しますが、農園の設備はそのままにすると約束しました。

さらにその代わりとして、ラートリーの人々を好きにするよう発言します。
ラートリー家の持つ技術なら、鬼たちもこの先食料にも困りません。
研究データも渡すと語ります。

鬼は、人間の家であるラートリー家を犠牲にすることに思い当たる節がありました。

“ジェイムズ・ラートリー”が、一族を追われた過去を知っています。
そのためジェイムズとして、仕返しを考えているのではないかと。

鬼たちは、自分たちにも利益があることを理解します。

ノーマンは、サインの入った契約書を差し出しました。
自分たちは策と情報を持っていますが、戦力はありません。

一方で鬼たちは、勝つための策がありませんでした。

ふたつが持つ力を合わせることで、両者の望みが叶うとノーマンは説きます。
ギーランは、昔の悲しき過去を思い出し決心しました。

そして自治を認め、手を組むことを約束します。
しかし、ひとつ心配するべきことがあるようでした。

“自分たちは約束を守る。
“けれども、仮にそちらが守れなかったらどうするのか”。

ノーマンは伝えました。
その時は、自分たちも好きにすれば良いと大きくでます。

ギーランは納得し、無事に契約は結ばれました

約束のネバーランド ネタバレ【最新】125話
『それぞれの思惑』

ノーマンとザジは、帰り道を歩いています。
けれどもザジはどこか不安げでした。

ノーマンが、なだめます。

ザジは、結んできた契約が全て嘘だと分かっていたのでした。
鬼たちはあくまで、コマに過ぎないのです。

全ては、無血で革命を成し遂げるためでした。
鬼同士を戦わせるための戦略です。

ギーランは、交わした契約書を眺めます。
そして、必ずや悲願を達成してくれることに期待しました。

けれども食料に植えていたギーランは、ノーマンの残していった血判をなめとります。
その血から、先ほどの人物が特別なものであることを知りました。
考えを巡らせ、ジェイムズ・ラートリーは亡くなっているのを思い出します。

そしてノーマンが、偽物であることが分かってしまいました。
さらには、グレイス=フィールドの農園出身の特上品ではないかと察するのでした。

一方でノーマンは、鬼たちが自分たちをはなから生かす気がないのを理解しています。
この同盟が、上っ面なものだと言うことを承知していました。
お互いに、命を狙い合うもの同士だというのもです。

けれども、最後に笑うのは自分たちだと笑みを浮かべました。

スポンサーリンク


約束のネバーランド ネタバレ【最新】125話
『今週の一押しキャラ』

冷静に交渉を行うノーマン


鬼に臆することなく、堂々と交渉を行っていました。
表向きは、協力的なもので裏がありましたが......。

けれども、見事同盟を締結させます。

ノーマンにしか出来なかったでしょうね。
一切焦りを見せず、腹の中も読ませない。
なんとも巧妙なテクニックでした。

しかし、物語の終わりの笑みは少し不気味です。
仲間にも隠していることがありそうです。

約束のネバーランド ネタバレ【最新】125話
『感想』

桜ノ宮あき焦り.jpg

命を賭けの交渉
そんなことまで約束してもいいのかとハラハラしました。
人間たちを売るような真似までして大丈夫でしょうか。

しかし、両者共に裏がありましたね。
これは、同盟といっていいのでしょうか?
表面上は約束を守りつつ、裏で策略を巡らせていく感じですかね。

まぁ、敵は同じなわけですから。
鬼の王家と五摂家と。

けれどもノーマンは、かなり勝気でした。
やはり勝算があるから、このようなお互い裏がある同盟を結んだのでしょうし。
ノーマンは相手が裏切ることは気づいています。

今後の展開がますます気になる「約束のネバーランド」のネタバレ、感想でした。

 

次のお話はコチラ

スポンサーリンク


-約束のネバーランド
-

Copyright© 漫画情報館 , 2020 All Rights Reserved.