ブラッククローバー

ブラッククローバーネタバレ197パトリに絶望が訪れる!?

更新日:

ブラッククローバー アイキャッチ197.jpg

ブラッククローバー197話「まやかしの希望」は、パトリを含めた人物たちがとんでもない事実を知ります。
それはこの戦いの根本を覆すものでした。

前回196話こちら

スポンサーリンク

ブラッククローバーのアニメが無料で全話視聴できる方法はこちら

ブラッククローバー ネタバレ197
『狙われるパトリ』



ミモザは、着いた先で起こっている現状が理解できません。
黒い異質な存在に、体が震えます。

一方アスタは、率直な意見を述べました。
「あの黒くて気持ちワリーのは!!!」

けれども、どこか感じたことがあります。

悪魔は招かれざる客たちに、関心を寄せることはしませんでした。
「こっちへ来なさい」
言霊魔法でパトリは、悪魔の側に移動させられます。

その時に魔法でロンネの“入れ替え魔法”を再現していたことに察しが付きました。

パトリは「光創成魔法(ひかりそうせいまほう)“裁きの光鞭”(さばきのこうべん)」ですぐさま攻撃します。
しかし悪魔の一言で、光の鞭はまたたく間に消え去りました。

そして針を連想させる無数のやりが、パトリを貫きます。

叫び声が、その場に響き渡りました。

ユノはアスタに叫びます。
あの黒く気持ちの悪い物体が、全ての元凶だと。

ふたりは悪魔の背後へ疾走しました。

ブラッククローバー ネタバレ197
『衝撃的な事実』

行く先を魔法でできた剣やオノなどの刃物が降り注ぎ、ふたりに襲いかかります。

アスタは武器をアンチ魔法で消していきました。
しかしその中には、本物の武器も混じっています。

ユノも避けていきますが、それだけで精一杯です。

悪魔は、攻撃をよけるふたりの姿を眺めていました。
それから重力を操り、押しつぶそうとします。

ミモザは、攻撃を受けるアスタとユノを心配し叫びました。

自らの邪魔をしようとするものを悪魔は許しません。
500年前は、リヒトとテティアの兄に邪魔をされたといいます。
ですからその時は、顕現することができなかったのです。

けれどもその時に目を付けたのが、パトリでした。
魔力の源を多く持ち、若いため操りやすい存在。

悲劇使命感だけで、簡単に禁術である転生に手を出したといいます。

反対にパトリは、それを否定します。
それは、リヒトが自分たちに希望を残すため、行ったことだと話しました。

しかし悪魔は、その事実でさえもひっくり返したのです。
エルフたちを転生させたのは自分だと。

リヒトは、人間を根絶やしにしようとなど思っていなかったです。

ブラッククローバー ネタバレ197
『悪魔の戯言』

エルフの再興も、悲願だった復讐も全て嘘でした。
筋書き通りに歩かされていただけだったのです。

そしてリヒトが望まない未来へと、たどり着いてしまったのでした。

全てまやかしだったことに、パトリは焦りを隠せません。
自分はリヒト亡き今、選ばれた存在だと思っています。

悪魔は容赦なく言葉を投げかけます。
“優秀で愚かなコマだった。”

役目を果たしたパトリに労いの言葉をかけます。

彼の絶叫と共に、悪魔も笑いました。
人間とエルフが、面白いほどに自分の思い通りになったことに。

欲望は、最高のおもちゃだったといいます。

ブラッククローバー ネタバレ197
『アスタとユノの覚醒』

「フザけんなよ...!」
あざ笑う悪魔をよそに、声が響きます。

ユノはいきなり湧くように現れて、めちゃくちゃにしたことに。

アスタはとても強くて怖い存在に対し、何様だと尋ねます。
相手が何であっても、折れない意志を貫こうとします。
オレの夢は負けない!

怒りをあらわにしたふたりは、それぞれ魔力を増大させます。

ユノの魔力は、周りの物質を風化させます。
同じくアスタの魔力も、周囲の魔法を無効化させます。

ライアは、ユノの中にいるリヒトの子の力が目覚めつつあるのかもしれないと感じます。

また悪魔は、自分の魔力にアスタの魔導書(グリモワール)の悪魔が共鳴しているのかと考えます。

ユノが実体の武器を、アスタが魔法の武器を全て防いで反撃を開始しました。
自分たちを邪魔する存在を壊しにかかります。

更なる激闘の行方は一体どうなるのでしょうか?

スポンサーリンク


 

ブラッククローバー ネタバレ197
『感想』

桜ノ宮あき驚き2.jpg

衝撃度
前回に引き続き、とんでもない事実が明らかになりましたね。
全てが悪魔の仕業だったなんて。

巫女の私がはらってしまおうかとも思いました。(無理ですが笑)

冗談はさて置き、パトリが可哀想な目にあっていましたね。
リヒトのためを思って行動していたというのに。
報われなさ過ぎて同情します。

けれども、アスタとユノが倒してくれそうな雰囲気がありますよね。
いい感じに、悪魔のズル過ぎる魔法を打ち消してましたから。

最後に少し戸惑ったことがありました。
それは今回197話のはずなんですが、本誌にはなんと198話となっていたんです!
間違いでしょうかね?いや間違えてるでしょ!

さて次回も一体どうなるのでしょうね。
楽しみに待ちましょう!

次のお話はコチラ

スポンサーリンク


-ブラッククローバー
-, ,

Copyright© 漫画情報館 , 2020 All Rights Reserved.