ブラッククローバー考察

ブラッククローバーパトリはリヒトを名乗っていた存在だった!

更新日:

ブラッククローバー アイキャッチ パトリはリヒトを名乗っていた存在だった!.jpg

ブラッククローバーのリヒトとパトリの関係、についてご紹介します。
このふたりについて、ややこしいなと感じてないですか?
実際、リヒトとパトリは同じ容姿をしています。
「どっちがどうなの?」と混乱しますよね。
そこで今回は、パトリについてまとめてみました。
彼のことを知っておきたい方は、ぜひ最後までご覧ください!

スポンサーリンク

パトリのプロフィール

享年15歳
魂の年齢は25歳
(15歳+目覚めてからの10年間)
身長159㎝
12月24日生まれ
やぎ座
A型
リヒトが大好き

ブラッククローバー
リヒトはエルフだった頃からパトリの憧れの人物

パトリは、リヒトを尊敬する少年でした。
四つ葉のグリモワールを持ち、仲間からの信頼も厚い。
そんな彼に、パトリ以外のエルフ達も同じ気持ちでいました。
彼は、人に不信感を抱いていました。
けれどもリヒトが好意的にしていることから、その疑いを捨てようとします。
しかしパトリの疑念は、確信へと変わります。
その日は、リヒトとテティアの結婚式でした。
そこへ、テティアの父率いる人間たちが攻め込んできたのです。
会場にいた多くのエルフたちが、無惨な姿に変わり果てます
パトリも、同じくその時に亡くなりました。
エルフたちはひとりも残らず、滅んでしまいます。
彼は、リヒトと仲良くしていた裏切り者の人間を胸に刻みます。
そして、裏切った彼らを憎み続けていたのでした。
自分たち、尊敬するリヒトを亡き者にした人間を。
けれども、全ては悪魔の仕業だったのです。
パトリは本当に憎むべき相手を間違えてしまったのでした。

ブラッククローバー
パトリがリヒトを名乗り白夜の魔眼を結成

パトリは一度亡くなりますが、復活を果たします
それには理由がありました。
悪魔が、禁術の転生魔法をエルフたちに使ったのです。
けれどもパトリは、それをリヒトが使ったものだと勘違いしていました。
それから彼は、悪魔の筋書き通りの行動をしてしまうのです。
転生の結果、パトリひとりだけが蘇りました。
その魂は、リヒトの容姿に似たウィリアムの体に入ります。
パトリは長い眠りから目覚め、自分の姿を見ました。
そして、その体に運命を感じます。
“自分は選ばれた者である”
そのことを痛感しました。
そこからエルフたちの復活と、人を滅ぼすことが義務であると自覚するのです。
悲願を成すために、パトリが作り上げたのが“白夜の魔眼(びゃくやのまがん)”でした。
まずは、仲間であるエルフたちの復活から取り掛かります。
かつて、悪魔が用いた禁術を同じように使いました。
最初は、三魔眼(サードアイ)であるライア、ヴェッド、ファナを復活させます。
パトリは、リヒトであると3人の前で名乗りました
ライアは彼が、リヒトではないことに気が付いていたようです。
けれども、あえてリヒトと呼ぶことにしました。
メンバーはこの3人のみ、中身が転生させたエルフです。
他のエルフたちは魔力と生贄が足りなかったため、次回に持ち越されました。
転生魔法は、膨大な魔力と犠牲をもって成り立ちます
そして、体の所有者の人格を奪い去ってしまうのでした。
個人的に、このことが禁術と呼ばれたゆえんだと考えます。
こうして、白夜の魔眼は誕生しました。

ブラッククローバー
パトリとウィリアムの秘密

パトリは人間を憎んでいましたが、ウィリアムは例外でした。
ウィリアムは本当に心優しいようで、彼の憎しみさえも理解します。
パトリの魂は、生まれた時からウィリアムの体に入っていました。
彼が16歳のころパトリは目覚めます。
パトリにも、同じくグリモワールが与えられました。
ふたりは、1冊ずつグリモワールを所持しています。
ウィリアムは、そのことから自身の中にパトリがいることを確信しました。
それぞれが違う魔法を使えるのは、そのためです。
次第に、互いの意思を通わせることができるようになりました。
また、魂の入れ代わりも可能です。
この時ウィリアムが負っている呪いは、パトリには影響しません。
あざが消え、顔はリヒトと瓜二つになりました。
髪もパトリが出てくるときは、勝手に伸びます。

ブラッククローバーパトリがリヒトを名乗った理由

理由は個人の解釈になりますが、仲間の士気を高める効果があったと考えます。
パトリは、リヒトの代わりを務めようとしました。
容姿も本人そっくりです。
四つ葉のグリモワールも所持していました。
これだけの要素が、転生したパトリには揃っています。
そのため、自分が選ばれた存在に思えたのでした。
同時に、エルフの悲願を達成する責任も感じます。
“自分だけが転生を成しえた、自分は特別だ。
だからリヒト君の代わりに、仲間を率いなければならない。”

そしてリヒトはエルフの長であり、皆から慕われていました
そんな彼が仲間を必要としているなら、皆が喜んで集まりますね。
自分も彼のために、何かしたいと思うはずです。

ブラッククローバー
パトリが魔法帝ユリウスを倒す

パトリは、仲間を復活させるために何としても魔石が必要でした。
しかし、魔石のほとんどは魔法帝ユリウスの手元にあります。
彼は悲願のため、ユリウスから奪う必要がありました。
一方ウィリアムは、どちらに付くべきかを決められないでいました。
考え抜いた結果、パトリとユリウスに判断をゆだねることにします。
そのため、パトリを合わせることにしました。
クローバー王国魔法帝と白夜の魔眼の頭首です。
両者が相対せば、どちらかの命が絶たれることをウィリアムは理解しているでしょう。
ふたりの面会は、想像した通りのものとなります。
そしてパトリは、クローバー王国の国民を人質に取り、勝利しました。
無防備なユリウスの胸を貫いたのです。
ユリウスの敗北を知り、ウィリアムはパトリとの別れを決めます。
それから、心の奥底へと眠りに就きました。
ウィリアムが身を引いたことで、パトリは完全な転生を果たします。
力があふれ、今の自分は無敵のように感じました。

ブラッククローバー
パトリが悪魔に陥れられ絶望する

仲間であったはずのエルフの中から、悪魔が現れました。
500年前に人間とエルフをもてあそんだ張本人です。
パトリは自分が選ばれた存在だと、ずっと信じてきました。
それが、全て悪魔によって操られていたことだと判明したのです。
真実を知ったパトリは、深い絶望感にさいなまれました。
彼の四つ葉のグリモワールは、やがて五つ葉へと変化します。
やがて深い憎悪と絶望に、取り付かれてしまいました。
そして、髪以外の全てが黒く染まり、自我を失います。
パトリは、何もかもが憎くてたまりません。
見境なく攻撃を開始しました。
格段に強くなったパトリを、だれも止めることができないと思われました。
しかしノゼルが現れ、見事に拘束します。
そこにアスタが、3本目の剣を使いパトリの精神に入り込みました。
彼は、ひとりで頭を抱え込んでいます。
人が本当に悪なのかを己に問いました。
けれども、憎しむ心が考えることを止めます。
アスタが、必死に説得を試みました。
憎い人間の言葉に、始めは耳を傾けません。
そんな中、アスタの言葉がパトリを動かしました。
怒り狂っている中で、エルフたちのことも諦めないと話します。
パトリは、リヒトと親しかった人間の言葉を思い出しました。
アスタの説得のおかげで、パトリはもとの姿に戻ります。
そして人間であるアスタたちに、手伝いを願い出ました。
パトリは、人と共闘することを決めたのです。

ブラッククローバーパトリはリヒトを名乗っていただけの者だった!感想

パトリは、悪魔に踊らされていただけでした。
憎しみが人を動かすとは、まさにこのことですね。
多くのエルフたちが事実を知っていたならば、このようなことにはならなかったのでしょうか?
でも真実を見る前にエルフたちは、亡くなります。
ですから、本当のことが分からないのも当然です。
しかしなぜ悪魔は登場したのでしょうか?
やはり気まぐれに楽しむためですかね。
ブラッククローバーを読んで、改めて悪魔って怖いなと感じました。
この戦いが終わった後、人間とエルフは一体どうなるのでしょう。
エルフは既に絶滅しているわけですから、仲良く暮らしましょうとはいきませんよね。
けれど両者が共に許し、王国に平和が戻ることを祈りましょう。
物語は、まだまだ続きます。
目指せ魔法帝ですものね!

ブラッククローバーパトリはリヒトを名乗っていただけの者だった!まとめ

・パトリはリヒトを尊敬するエルフの少年
・リヒトを名乗り白夜の魔眼を結成
・ウィリアムと同じ体を持つ
・魔法帝ユリウスを倒した
・悪魔から真実を知ったため、深く絶望しダークエルフ化した
・人間と共闘する

おすすめ関連記事
ブラッククローバーリヒトの正体は魔神だった!?
ブラッククローバーウィリアムの正体は?真実はリヒトとは関係なかった!
ブラッククローバーネロの正体は初代魔法帝に仕える従者!
ブラッククローバー初代魔法帝ルミエルとは?魔神を倒した真相も紹介!
ブラッククローバーのアニメ最新話を含む全話が無料でお試し視聴できる方法を紹介!

-ブラッククローバー考察
-

Copyright© 漫画情報館 , 2020 All Rights Reserved.