ブラッククローバー考察

ブラッククローバーバネッサの運命を変えたヤミとの秘話を紹介!

更新日:

ブラッククローバーでの、バネッサとヤミの出会いをご紹介します。
現在は色気のあふれるバネッサ姉さん。
しかし彼女には、辛い過去がありました。
一体何があったのか。
気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

ブラッククローバーのアニメが無料で全話視聴できる方法はこちら

ブラッククローバー
バネッサの辛い過去とは?

バネッサは魔女の森の出身です。
そんな彼女は、魔女王から期待される存在でした。

女王の未来を予知する占いに、バネッサが運命を操る力を手に入れる結果が出たのです。

そのため、長い間城の中に閉じ込められました。

いつから自由を失ったのかは不明です。
予想になりますが、容姿からして7歳あたり~十代後半までかなと。

自我のない幼児のときから、鳥かごの中で一人過ごさせはしないかと。

さすがに食べたり、着替えたりなど、生活に必要な動作を覚えた頃でしょう。

バネッサは自分にだけ、自由が与えられないことを不満に感じていました。
閉じ込められている認識があります。
窓から自由に飛び回る魔女を見て、羨ましがりました。
いつかは出られる、と魔女王は話しています。
その希望が、早く外に出たいと思わせたのでしょう。
バネッサの話し相手は、自身が作った糸の人形でした。
たったひとりでの生活は、寂しく辛いものがあったでしょう。
まさにかごの中の鳥でした。

ブラッククローバー
バネッサの元にやって来たヤミ

そんな彼女に転機が訪れます。
成長した彼女の前に、武者修行中のヤミが現れました。
魔女の森に迷い込んでしまったのです。
男を毛嫌いする魔女たちに、追われていました
魔女王とも既に顔を合わせています。
女王は、ヤミでも倒せないようでした。
逃げている真っ最中です。
バネッサが、閉じ込められている城壁に穴が開きました
おそらく、追っていた魔女たちの攻撃が当たったのでしょう。
初めて見る男のヤミに、話しかけられます。
バネッサは、自分がここにいる理由を話しました。
ヤミは、その辛い状況を理解します。
そして、大きな穴が開いたから逃げられると話しました。
けれどもバネッサは告げます。
“魔女王からは逃げられない、この場にいなくてはならない運命なの。”
その言葉にヤミは、“運命って奴は嫌い”と語ります。
そして彼が出ていく間際、バネッサが自分はどうすれば良いのかと尋ねました。
「自分で考えろ」
厳しくも、自らで行動する意思を示します。
バネッサは、自分の気持ちに正直になり、勇気を振り絞りました。
ヤミの背中を追い、こうして彼女は城を出たのです。

スポンサーリンク

ブラッククローバー
バネッサはヤミが好き?

ヤミのおかげで、外の世界で生活を送れるようになります。
そんなバネッサが、特別な感情を持っていても不思議ではありません。
しかし、男性として恋愛感情があるかは不明です。
家族として、大好きなのは明白です。
お父さん?いや、お兄ちゃんですかね?
そのように思っているはずです。
バネッサにとって、黒の暴牛の仲間は家族ですから。
さて、ヤミに対し恋愛感情があるのかを考えてみます。
星果祭(せいかさい)での出来事でした。
シャーロットに、本人も謎の対抗心を芽生えさます。
“なんだか負けてはいけない気がする。”
直感的に、家族(ヤミ)を取られまいと思ったのでしょうか。
それとも、恋のライバルとしてでしょうか。
シャーロットのように、恋愛感情があるとは明かされていません。
そのため、どちらとも取れます。
家族としての場合、大好きな家族を渡したくないという感覚でしょう。
一方で恋愛感情がある場合は、普通に恋敵に負けられない感情ですね。
しかし、本人は無自覚でしょう。
よって、現在の段階では、ヤミに恋心がハッキリあるとは言えません。
ヤミのお相手になる人物は、一体だれになりますかね。

ブラッククローバー
バネッサの運命を変えたヤミとの秘話まとめ

・辛い生活を送っていたバネッサの元にヤミが現れる
・ヤミは魔女の森に迷い込み、魔女たちから逃げていた
・バネッサの部屋の城壁が壊れ、ヤミについて行く決断をする
・恋心があるかは不明だが、家族としては大好き!

スポンサーリンク


-ブラッククローバー考察

Copyright© 漫画情報館 , 2020 All Rights Reserved.