鬼滅の刃

ブラッククローバーネタバレ最新話217アスタが捕まる!?ゴーシュの妹マリーもピンチ!

更新日:


ブラッククローバー最新話217のネタバレを紹介します!

前回、アスタの命がなくなる、とユリウスは話しました。
悪魔の仕業で始まった戦いを、彼一人に押し付けるのがねらいです。

アスタは一体どうなってしまうのでしょうか!?

目が離せない続きを、どうぞご覧ください!

前回216話こちら

スポンサーリンク


 

ブラッククローバーのアニメが無料で全話視聴できる方法はこちら

ブラッククローバーネタバレ最新話217
『捕まるアスタ』

アスタネロは、クローバー王国魔法議会裁判所の前に立っていました。

アスタは、悪魔との対戦の証人としてよばれます。
そこで戦いの事実を話すのが目的でした。

魔法帝ユリウスは、アスタを断罪しようとしていると語っています。
アスタは、きちんと話せば分かってもらえると、勇んで中に入りました。

するとアスタたちは、話す間もなく、手錠をかけられます。
本人は仰天し、冷や汗をかきました。

大勢の貴族たちの前に立たされます。

魔法議会の議長ダムナティオ・キーラが現れました。
そして、アスタの断罪を始めると告げます。

始めから陥れるよう、仕向けられていたのです。

 

ブラッククローバーネタバレ最新話217
『悪魔扱いを受けるネロ』

クローバー13世は、彼を法に背いた悪者だと敵視しました。

まずは、アスタの出身が読み上げられます。
下民と知った途端貴族たちは、汚らわしいと口にしました。

次にネロの身元が明かされます。
彼女には当然、出生の記録はありません。

そして頭に生やした角は、禁術魔法を使った証拠と見なされます。

ダムナティオは、今回の戦いが悪魔によるものだと主張していると、皆に告げました。

アスタは、肯定します。

しかし、貴族たちの反応は悪くなるばかりでした。
角の生えたネロを、悪魔とまでいいます。

ユリウスは、今まで下民に対する差別を無くすように努めてきました。

けれども未だに、下民への差別偏見は、大きく残っています。
ネロは、この場にはそういう偏見を持つものばかりしかいないと悟(さと)りました。

 

ブラッククローバーネタバレ最新話217
『悪魔の行方』

階段を降りてくるダムナティオに、自分の話を聞いてくれるように求めます。

アスタにだけ聞こえる声で、彼は告げました。
「魔法騎士団の者たちか、貴様か。
必ずどちらかが、裁かれる。」

さらに、天秤からアスタの性格を見通します。
下民一人と、魔法騎士団の人間たち
どちらの言葉を信じるかは、明らかでした。

そして、悪魔はどこにいるのかと尋ねます。

アスタは、反論しました。
「悪魔は、自分たちが倒したんだ!
そんで、ネロも何百年前から頑張って━━」

ダムナティオは、話します。
「ここにいる者たち全員が、貴様らと悪魔が通じていたと疑っている

アスタは自分の中にいる悪魔は他の悪魔だ、といいそうになります。
それをネロが、口を押さえて阻止しました。

「悪魔がいないならば、この場で全員を処刑するしかない

連れてこられたのは、ゴーシュの妹マリーです。

 

ブラッククローバーネタバレ最新話217
『非情なダムナティオ』

彼女が元貴族で、兄には前科があると明らかにしました。
そしてマリーが瞳魔法を使い、間接的に騎士団や国民に危害を加えたと話します。

アスタは、強く反論しました。

ダムナティオは、悪魔が本当にいたならば操られていたといえると話します。

しかしいないのであれば、マリーの罪は明らかだと告げました。

彼女に向かい5人の魔道士たちは、杖を構えます。

マリーは言われのない罪に動揺し、冷や汗を流しました。

「断罪」
ダムナティオの指示と共に、彼女に魔法が放たれます。

 

ブラッククローバーネタバレ最新話217
『アスタの正義』

そこへ、すかさずアスタが助けに入りました。

彼の姿を見た貴族たちが、騒々しくなります。

そこには、ブラック状態になったアスタがいました。
そして、ダムナティオの正義を認めないと叫びます。

「悪魔となど、分かり合えない……」
ダムナティオは、悪魔の力を真っ向から否定しました。

 

スポンサーリンク
 

ブラッククローバーネタバレ最新話217
『今週の一押しキャラ』

ブラック状態でマリーを助けたアスタ

ブラック状態をこの場で明かすことは、悪魔と通じていた覆せない誤解を生みます。

マリーを守るためには、変化するほかなかったのでした。
アスタは、絶対に弱い人たちを見捨てませんから。

しかし、アスタの状況は悪くなる一方です。

騎士団の面々が証人として来てくれれば、まだ逆転の可能性はあるでしょうか。

 

ブラッククローバーネタバレ最新話217
『感想』

魔法議会の非情さ

完全にアスタを陥れる場でした。
ネロも禁術魔法を使った者として、同じ扱いを受けます。
さらに、マリーまでも捕らわれていました。

幼い子供にも容赦ない魔法議会は、許せません。
頭の硬い者ばかりのようです。

確かに、エルフマリーの行いは許されません。
国中をめちゃくちゃにした者たちの仲間だと、勘違いされても仕方がないのかもしれないです。

頭の悪い貴族たちは、エルフが転生して操られていた。
そういったところで、分からないでしょうね。

しかしマリーは、恐らく10歳にも満たない少女でした。
小学校、低学年くらいかと。
アスタも働いているとはいえ、まだ子供です。

もう少し、情けをかけてくれてもいいと感じましたね。

次のお話はこちら

スポンサーリンク


 

 

-鬼滅の刃

Copyright© 漫画情報館 , 2020 All Rights Reserved.