鬼滅の刃

ブラッククローバーネタバレ最新話214話まさかの魔法帝ユリウス復活!

更新日:


ブラッククローバーネタバレ214話をご紹介します。

前回エルフたちが三魔眼(サードアイ)を残し、天へと旅立ちました。
リヒトも同じくです。
そして、パトリが天に昇ったため、ウィリアムも戻りました。

今週は一体どんな展開となるのでしょうか。
続きをご覧ください。

前回213話こちら

スポンサーリンク


 

ブラッククローバーのアニメが無料で全話視聴できる方法はこちら

ブラッククローバーネタバレ最新話214話
『パトリの蘇生』

騎士団員らが、エルフたちの魂を見送ります。

しかし、それを不満に思う者がいました。
ラデスです。
彼は、パトリが空に昇っていったことに納得できません。

自らの魔法で、リヒトのいた体に彼の魂を憑依(ひょうい)させました。

ラデスの魔法が、使える条件をパトリは満たしています。
その条件とは、一緒に長い時間いることでした。

パトリは蘇生し、戸惑います。
体はサリーが作ったパトリの複製のため、なじみました。

ブラッククローバーネタバレ最新話214話
『パトリを蘇生した理由』

アスタは戸惑いながら、何をしているんだと尋ねます。

ラデスは、自分がどうして復活させるような真似をしたのかが分かりませんでした。

しかし、これだけはハッキリしています。
絶対に許さない。
自分が陥れた人間である、俺について考え続けろ!

胸に秘めた想いを吐き出しました。

アスタは、ラデスにも同じことが言えるとツッコミます。
ラデスは、黙るよう叫びました。

パトリは、戸惑います。
しかし、生きて償う機会を与えてくれたラデスに感謝を述べようとしました。

ラデスは怒りをあらわにします。
「いつか、葬りに来るその日まで、ビクビクしてろ!」

そして、ヴァルトスと共に、その場を去りました。

 

ブラッククローバーネタバレ最新話214話
『最愛の友との再会』

ライアは、皮肉をもらします。
「オマエもリヒトくんにおいていかれたな。ざまぁねぇ。」

ライアの名を呼んだ瞬間、パトリの体はフラつきました。
それをウィリアムが支えます。

彼は、互いに触れ合えるようになったことを喜びました。
話したい言葉が沢山あったと話します。

しかし、今はだれよりも謝らなければならない人物がいました。

ヤミに対し、ユリウスの元へ案内して欲しいと頼みます。
勝手な願いであるのは、重々承知でした。

始めは黙っていたものの、了承します。
アスタも、魔法帝であるユリウスが気がかりでした。

ブラッククローバーネタバレ最新話214話
『がれきになった王都』

王都はすっかりがれきへと姿を変えます。

ノゼルフエゴレオンをはじめとする魔法騎士団員は、救助を開始しました。
怪我の治療を施し食事を提供します。

ルミエルは、感謝しきれないと話します。

アスタは、ミモザの治療を受けていました。
激痛が彼を襲います。
ノエルは、自業自得だと言い聞かせました。

ルミエルは悪魔に勝つために、悪魔の力を借りたのを変に感じます。

ミモザとノエルがだれなのかを尋ねました。

アスタは本物の初代魔法帝だと答えます。
ふたりは戸惑いました。
そして、セクレネロだと分かっていたようです。

ノエルは反論しますが、セクレが肯定しました。

アスタは、鳥から人に変化できるようになったと目を輝かせます。
セクレは、真実を話しました。
彼女は、影の王宮が出現するまで話すこともできなかったと語ります。

さらに、ルミエルと同じような魔法帝になると言った発言に腹を立てました。
アスタのほおをつねります。

ノエルは、今の人の姿も可愛いと顔を赤くしました。

ブラッククローバーネタバレ最新話214話
『ルミエルとの別れ』

ルミエルにとって、魔法帝は偉くも何ともありません
ただ自分たちの目指した理想が、この時代にも受け継がれていました。

ビシビシ
音と共に、亀裂が走ります。
ルミエルの魔力が、底をつきました。

ミモザの回復魔法では、どうすることもできません。

セクレに対し、言葉を残します。
自分の分まで、理想とした未来を見届けてほしい。

彼女は、共に付いていくと話しました。

彼は500年前に、亡くなっていたはずだったのです。
それをセクレが封印し、未来まで生かしました。
悪魔との戦いに終止符を打ち、満足しています。

彼女の可能性を壊したくなかったのです。

クローバー王国の未来が楽しみだと告げました。

ノエルやミモザら子孫にも会えて嬉しかったようです。

セクレは、王子の手を取りました。
そして、仕えることができて本当によかったと涙を浮かべます。

ルミエルも幸せだったと伝えました。
さらに、労いの言葉をかけます。

彼の体は崩れさり、消えていきました。

ブラッククローバーネタバレ最新話214話
『復活したユリウス』

ヤミとウィリアムは、ユリウスを隠していた場所に到着します。
するとそこには、貼っていたはずの結界が破られていました
ユリウスの姿も、どこにもありません。

するとふたりは、覚えのある魔力を感じ取ります。
後ろを振り返ると声がしました。

不甲斐ない魔法帝ですまなかった。
国の危機だったのに……。

衣装を引きずり現れたのは、子供の姿をしたユリウスでした。

どうやら、額にあったの印に13年分の魔力を貯め込んでいたようです。

その魔力を使い復活を果たしたのでした。
ふたりの目は、飛び出そうな勢いです。

スポンサーリンク


ブラッククローバーネタバレ最新話214話
『今週の一押しキャラ』

復活したユリウス

ユリウスは、残っていた魔力を使い復活を果たします。
額の*は魔力を貯めていた印でした。

そこには13年分ほどあったと、本人は語ります。
彼は、パトリに心臓を貫かれました。
そのため一度は亡くなり、再び蘇ったのではないでしょうか。

貯めていた魔力を亡くなると同時に、発動するようにしておきます。
そして13年分を使って成長し、新たに体だを構築したのかと。

結果今のユリウスは、13歳の体と言うことになります。

 

ブラッククローバーネタバレ最新話214話
『感想』

復活したした者たちへの驚き
まずはパトリです。
ラデスが魂を呼び戻し、定着させました。

いつか亡き者にすると、豪語します。
彼にできるでしょうか。
相手は四つ葉のグリモワール持ちです。

ラデスが勝てる気がしませんね。

そして、2人目の魔法帝ユリウスさん!
彼の復活は、本当に驚きました。

ヤミとウィリアムが、今まで見たことのない表情をしてます。
目が飛び出るぐらいです。

額の*がまさか、魔法だったとは驚きでした。
気になってはいたのですが、本誌では一切語られていません。

知れて良かったですね。
気になっていたので。

来週は、ユリウスの復活劇が詳しく語られるのでしょうか。
楽しみです!

以上でブラッククローバーネタバレ214話は終わりです。
ありがとうございました。

 

次のお話はコチラ

スポンサーリンク


-鬼滅の刃

Copyright© 漫画情報館 , 2020 All Rights Reserved.