ブラッククローバー考察

ブラッククローバーチャーミーはドワーフとのハーフだった!

更新日:

衝撃の事実が判明しました。
本誌の194話、コミックスの20巻で正体が明らかになりました。
チャーミーパイセンは、なんとドワーフとのハーフだったのです!
驚きですよね。
それでは詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

ブラッククローバー
チャーミーはドワーフとのハーフ!


チャーミーは、エルフのリルに対し、ご飯を渡そうとしました。
しかし、人間の作ったものなど食えるかと捨てられます。
彼女はその行動に怒りをあらわにしました。
アスタは、異様な雰囲気を感じます。
次の瞬間、羊がオオカミに変化しました。
チャーミーの身長も伸び、大人っぽくなります。
エルフのリルが、昔に感じたことのある魔力だと口にしました。
そうして、チャーミーはドワーフとの混血(ダブル)であることが判明したのです。

ブラッククローバー
チャーミー自身もハーフだとは知らなかった

アスタはもちろん驚きます。
けれども、チャーミーの方が驚愕していました。
なんと本人も、今まで知らなかったのです。
背の伸びた彼女は、目に光がありませんでした。
そのため、性格まで変わってしまったのかと緊張が走ります。
けれども、全然いつも通りで安心しました。
一方でオオカミに変身した羊は、自分たちの正体を理解しています。
それもチャーミーは、当然知りません。
驚きの連続です。

スポンサーリンク

ブラッククローバー
チャーミーはハーフであるため2つの属性が使える

ブラッククローバーの世界では、混血のことを「ダブル」と言います。
チャーミーの場合、「綿魔法」と「食魔法」が使えました。
綿魔法の方は、お馴染みの食べ物を作り出す「ヒツジのコックさん」です。
食魔法の「大喰らいの晩餐会」は、巨大な羊が敵の魔力を食べ尽くす魔法でした。
眠れる羊の一撃は、食魔法の方の攻撃でした。
チャーミーは、元々両方の属性の魔法が使えます。
しかし本人は、混血であることは知りません。
そのため眠れる羊の一撃は、無意識に使っていた魔法だったのです。

ブラッククローバー
チャーミーの両親は明らかになっていない

チャーミーは、実をいうと謎の多いキャラクターです。
明るい性格もあり、今まであまり気にしていませんでした。
けれども、彼女の過去は何一つ明らかになっていません。

ヤミとの出会いや、過去にどのような生活を送ってきたのかも不明です。
そのため、両親についても明らかになっていません。
とりあえず今回のことで、両親の片方がドワーフだとは判明しました。
今後のお話で公開されるのを待ちましょう。

ブラッククローバーチャーミーはドワーフとのハーフ!
感想

チャーミーがドワーフだったとは、本当に驚きました。
彼女のことは、いつもかわいいマスコットだと感じていたので。
ブラッククローバーでは、まだドワーフは出てきていません。
一体どのような姿をしているのかが、楽しみです。
チャーミーは、いつもニコニコしています。
しかし、怒ると目が怖くなるんですよね。
食べることが大好きな彼女には、耐えられなかったのでしょう。
食べ物の恨みは、やはり恐ろしいです。
できる限り、粗末にしないようにと思い知らされました。
「チャーミーパイセンありがとう!食べ物は大事にします!」
けれども、同じように食べることは好きなので、あまりそういうことはしませんが。

ブラッククローバーチャーミーはドワーフとのハーフ!
まとめ

・チャーミーは人間とドワーフのハーフ
・混血(ダブル)であるため、2属性の魔法が使える
・羊たちはオオカミだった
・本人は混血であることを知らなかった

おすすめ関連記事
ブラッククローバーファナとマルスは互いを支える大切な存在
ブラッククローバーネロの正体は初代魔法帝に仕える従者!
ブラッククローバーのアニメ最新話を含む全話が無料でお試し視聴できる方法を紹介!

スポンサーリンク





-ブラッククローバー考察
-

Copyright© 漫画情報館 , 2020 All Rights Reserved.